珈琲は一日二杯まで

笹谷の気が向いたときに気が向いたことを書く場所です

小説「竜を連れた魔法使い」連載中

素人がゲームのことを書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたり、小説を書いたり、適当に何でもありな趣味のブログです。友達は少ない。

【旧版】竜連れ1-1

 
「竜を連れた魔法使い」 目次



第一話 沈まない太陽 (1)


見通しの悪い鬱蒼(うっそう)とした暗い森には、不思議な木々が生えていた。
幹の片側にだけ枝が密集しているのだ。

頭上は幾重にも重なった枝と葉に覆われ、空が見えない。
どこかから入り込む光が、木々の間を夕陽の茜(あかね)色に染めている。
時折響く鳥や獣のけたたましい鳴き声が、耳に不快感を残した。

夜が迫る恐怖を感じたのは最初の半日くらいだったな……とカイリは思った。
独身男のまま三十一歳の誕生日を迎え、ボーナスを使って新調した太陽電池駆動のチタン製電波腕時計。
この森の中で目を覚ましてから、その短針が六周目を過ぎ。
文字盤の小窓からのぞく日付を示す数字が三回変わっても、夜が訪れることはなかった。
時計が壊れているわけではない……定期的に訪れる空腹と睡魔が時の流れを告げている。

すでに、豊富にぶら下がっているジューシーな木の実を口にすることに抵抗感はなくなっていた。
登れそうな樹もなく、地面に敷き詰めた小枝と大きな葉を重ねた寝床で、堂々と寝ることにも慣れてきた。
獰猛な獣に襲われるかも知れないという恐怖感は薄れつつあり。
赤い光に満たされていたはずの世界も、目の方が慣れてしまって赤く感じなくなっている。

三日間、ただ無精ヒゲが伸びるのを楽しんでいたわけではない。

目が覚めたらいきなりこんな奇妙な森の中に放り出されていた。
誰が何のためにこんなことをしてくれたのか……あるいは人知を超えた神のいたずらなのか。
……元の暮らしに戻れるのか……。
何かしらの手掛かりを得るため、起きている間は歩き続けた……と言っても休憩しながらだが。
大手メーカーの研究所勤めだ。
デスクワークばかりというわけではないが、体力には自信がない。

ともかく。

森の中を歩きにくい革靴で歩き続けた成果が、ついに現れる時が来た。

木々の向こうに小さな池が見え、そこだけ陽の光に満たされていたのだ。

空が見れる……それだけのことが、この三日間で最大の事件と言えた。
赤い光に満たされ、夜が来ない世界の秘密に迫る手掛かりが得られるはずだ。

自然に急ぎ足になった。

直径十メートル程度の小さな池の水面がキラキラと光っているのが見える。
目が慣れてしまった今となっては白い光に見えるが、実際は赤い光のはずだ。


……ついに池の前に出た。

池の形に合わせて、空が丸く切り取られている。
それを見上げたカイリは……呆然とした。

心のどこかでまだ期待していた。
この世界が人工物で、人工の赤いライトが光っていることを。
歩く距離が長くなるにつれて、そんな広大な建造物などありえないと思い始めてはいたが……。
わずかな期待が、無慈悲に打ち砕かれた瞬間だった。

空は高く、紅く染まっているはずの雲がすごい勢いで流れている。
地上はこんなに穏やかなのに、上空は台風でも来ているかのようにすさまじい風が吹いているらしい。
本当は赤と紫のグラデーションなのだろう……しかし目が慣れてしまったカイリには、夕焼け空が白と青の爽快な空に見える。

光の角度から、陽がずいぶん傾いた状態……おそらく日没間際であろうことがわかったが、周囲の樹が高すぎて太陽は見えなかった。


「ふ……ふふ」

なぜか笑いが漏れる……気が触れたわけではない。
自分の力ではどうしようもない……誰かに助けを求めればどうにかなるわけでもない……。
その無力感が、奇妙な開放感と共に、虚しい笑いをこぼしたのだ。

これが夢じゃないことは実感としてわかる。

「この世界じゃ、俺の才能も役に立たない……よなぁ」

カイリには一つだけ、常人のレベルをはるかに超える生まれつきの才能があった。
小学生の頃にはテレビに出演して世間に披露したこともある。
が、楽しいのは最初のうちだけだった。
自分に近寄ってくるのは、テレビ関係者か脳神経学のじーさんばかり。
くだらない実験につき合わされるのに飽きた頃……自分に友達と呼べる存在がいないことに気づいた。
クラスメートからは「キモイ」と言われた。
そして……中学に上がる前に自らその才能を封印し、「小学生の頃は神童と呼ばれた普通の人」を演出するようになった。
そうして、普通の人として普通に人と付き合い、普通に生きてきた……。


ふとカイリは思った。

この世界にも、人はいるのだろうか……?


「はぃりふるほぉーんふるるれーにぁ?」

いきなり背後から、意味不明の声をかけられた。
獣の鳴き声ではない……歌うように美しい女性の声だ。

「はるまりぃーにあ!」

振り返ったカイリの顔に、何かがぶつかった。



(2)へ続く

今日のマウたん( ̄▽ ̄〃

▽応援するマウたん!
2007072902.jpg

一人称「わたくし」のマウたんとは、別の意味で萌えます。
少しむかつくけどw
お前も少しは手伝えと言いたくなりませんか?
でも可愛い( ̄▽ ̄〃



続きを読む »

第7回ビスブロ☆オン会・レポート( ̄▽ ̄)/

▽第7回ビスブロ☆オン会を開催しました!!


2007年7月27日21:00~23:45@プルゴノルゴ島 。
参加者数:41名(第5回オン会の記録37名を更新♪)。
  ……1クラスできそうな勢いですΣ( ̄▽ ̄;

※このオン会は「ブログで名前を公開されても構わない方」を参加条件の1つにしています → 開催告知記事



続きを読む »

本日ビスブロ☆オン会!( ̄▽ ̄)/

本日27日(金)、21時までに
ビビキー湾桟橋に集合です!


詳細は、告知記事で♪

続きを読む »

ビス鯖の長い1時間( ̄▽ ̄)/

▽おだやかに浮かぶ月の下では……


傭兵たちが街を護る必死の戦いが……。

久しぶりにお見かけしたみゅーさんと、Tellで挨拶を交わしました♪



続きを読む »

4ぷり目を乗り越えて( ̄▽ ̄〃

▽われ、カニとたわむる( ̄▽ ̄〃


3人PTもそろそろ飽きてきた気もしますが。
9人PTするちびゆいさんのような甲斐性もないので。
この三人旅は、まだまだ続きそうです( ̄▽ ̄;



続きを読む »

おしいっ……Σ( ̄▽ ̄;

▽おしくも撮りそこねたナジュのウィンク!
2007072509.jpg

右目が少しだけ開いています。
もう少しシャッターをきるタイミングが遅ければ、完璧なウィンクを撮影できたのですが~。
くぅ……難しいですねぇ( ̄▽ ̄;
ナジュのEDのたびにチャレンジしていますので、いつか完璧なウィンクをお見せできる日が来るかも?



続きを読む »

アタッチメント20070725( ̄▽ ̄)b

▽ナシュモ初上陸のさとぽんが最初に興味を示したのは……


羊でした。

さすが、目のつけどころが違う……Σ( ̄▽ ̄;



続きを読む »

ぷりっと3( ̄▽ ̄)

▽しつこく三人旅!
2007072215.jpg

コンシュは敵がまばらなので、走り回るのが大変です。



続きを読む »

くえくえ2( ̄▽ ̄;

▽アルも呼んで3人PTのコンシュ
2007072212.jpg




続きを読む »

くえくえのポーズ!!( ̄▽ ̄〃

▽コンシュタット高地にて


アヴゼン装束になったフォー君と二人旅♪

今日の会社帰り。
どういうわけか駅前書店の店頭に、いきなり一冊だけハンターズ・バイブル2が出ていたので、買っちゃいました。
店員さん、うちのブログ記事を読んだのか!?
もう半年も前の情報ですが、後悔はしない……かどうかは、神のみぞ知るw
2200円(税別)の価値はあると思います、たぶん( ̄▽ ̄)b



続きを読む »

1本勝負!Σ( ̄▽ ̄;

▽そこは東サルタバルタ


サンタ帽に浴衣という季節感のない美小夜が、ヤグードにケンカを売ってみた。



続きを読む »

赤の証取りお手伝い( ̄▽ ̄〃

▽この激しくも美しいエフェクト


フレの証取りのお手伝いです♪



続きを読む »

オン会はいよいよ来週!( ̄▽ ̄)/

第7回ビスブロ☆オン会は、来週7月27日(金)21:00にビビキー湾の桟橋に集合です!

遊覧船の出港時刻が決まっていますので、乗り遅れないよう早めの集合をお願い致します。

たぶん……今までの経験からすると、集合時間より結構前からフリートークが始まっている気がします( ̄▽ ̄;

ところで、公式サイトであますず祭りの開催(7月26日17:00~)が発表されましたね!
水着をまだお持ちでない方は、入手のチャンスがあるかもしれません~。

表着に着替えてみたのよ!( ̄▽ ̄〃

▽赤いマウたん登場!


アヴゼンカラーですね( ̄▽ ̄)b
白より、こっちの衣装デザインの方が好きです♪



続きを読む »

カラババ様!!Σ( ̄▽ ̄;

▽静かに近付く機船……


私は一人で、夜明け前の海原に旅立った。


続きを読む »

ナジュリス・クエ( ̄▽ ̄〃

▽ナジュたんとの深夜デートにやってきました♪


ナジュたんと言えば、私が一番好きなミサヨフェイス。
フェローにこのフェイスがなかったのが残念です。

例によって、ネタバレ~。

続きを読む »

○○ミッションなの?( ̄▽ ̄)

これは募集記事ではありません。
私の混沌とした脳内記事です( ̄▽ ̄;


続きを読む »

ごめんね、レオニーたん( ̄▽ ̄;

▽最近、密かに愛を育んでいる二人
2007071702.jpg

大好きなカリリエ・フェイスのレオニーたんと♪



続きを読む »

ザザーグ・クエ後編( ̄▽ ̄)/

▽結構よくしゃべるザザーグ兄貴
2007071601.jpg

ザザーグ・クエ前編の続きでございます♪



続きを読む »

ザザーグ・クエ前編Σ( ̄▽ ̄;

▽五蛇将クエ!


進めていますか、皆さん!

え……私が遅いですか……はいすみません( ̄▽ ̄;

以下、ネタバレ、ネタバレ(いつもそうですけど)w

続きを読む »

さーさーのーはぁさーらさらっ( ̄▽ ̄〃

▽早速、げっとしてきました♪


三色笹です( ̄▽ ̄〃
最近のイベント調度品は、収納+2なのがいいですね!

カーバンクル・カーズ(習作)


表紙&各話扉イラスト:J様

FFXI小説「カーバンクル・カーズ(習作)」
 目次
 登場人物紹介
 第一話 白絹の少女 (1) (2) (3) (4)
 第二話 罠 (1) (2)
 第三話 黒き雷光団 (1) (2) (3) (4)
 第四話 下層の歌姫 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
 第五話 刺客の価値 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第六話 依頼と報酬 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第七話 月虹の契約 (1) (2) (3) (4) (5)
 第八話 裏切り人形 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第九話 光陰の中で (1) (2) (3) (4) (5)
 第十話 決着 (1) (2) (3) (4) (5)
 最終話 旅立ちの朝 (1) (2) (3)
 あとがき(笹谷周平)
 あとがき(J様)

◆リンク
カリリエ風SS :そあらん様
カリリエイラスト :izumi様
キャラ集合イラスト :J様
表紙イラスト :J様

続きを読む »

Cカーズ あとがき(笹谷周平)

 
FFXI小説「カーバンクル・カーズ」
 目次
 登場人物紹介
 第一話 白絹の少女 (1) (2) (3) (4)
 第二話 罠 (1) (2)
 第三話 黒き雷光団 (1) (2) (3) (4)
 第四話 下層の歌姫 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
 第五話 刺客の価値 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第六話 依頼と報酬 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第七話 月虹の契約 (1) (2) (3) (4) (5)
 第八話 裏切り人形 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第九話 光陰の中で (1) (2) (3) (4) (5)
 第十話 決着 (1) (2) (3) (4) (5)
 最終話 旅立ちの朝 (1) (2) (3)


11081301.jpg
イラスト:J様

 あとがき


 ようやく書き終えました。拙(つたな)い素人小説を最後まで読んで下さった皆様、ありがとうございます。
 自分へのご褒美に、ちょっとだけ偉そうなことを書かせてください。作品だけを純粋に楽しんでおきたい方は、読まれない方がいいかもです( ̄▽ ̄;

続きを読む »

Cカーズ11-3

 
FFXI小説「カーバンクル・カーズ」
 目次
 登場人物紹介
 第一話 白絹の少女 (1) (2) (3) (4)
 第二話 罠 (1) (2)
 第三話 黒き雷光団 (1) (2) (3) (4)
 第四話 下層の歌姫 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
 第五話 刺客の価値 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第六話 依頼と報酬 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第七話 月虹の契約 (1) (2) (3) (4) (5)
 第八話 裏切り人形 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第九話 光陰の中で (1) (2) (3) (4) (5)
 第十話 決着 (1) (2) (3) (4) (5)
 最終話 旅立ちの朝 (1) (2)


 最終話 旅立ちの朝 (3)

続きを読む »

これでええんちゃう?( ̄▽ ̄;

しつこく、ラカの大阪弁を修正する記事です( ̄▽ ̄;


こちらが前回、saburinaさんが何度も見直して書き直してくださった後の現代ネイティブ女性大阪弁です(↓)。

「ごめんな兄ちゃん!最近ウチのLS、アンタの話題で盛り上がってんねん!でもアンタ全然外出て来ーへんから、みんな今日アンタ見れるて楽しみに……ムガ!」
「ウチは見学しとくわ。早よ済ませてや♪」
「えぇぇ、何なん?あの能力……!?」
「ミサヨ、何してんねん!?アンタのど派手な魔法で沈めてや!!二人共ヤバイでっ!!」
「おい、ミサヨ!!」
「アンタ最近めっちゃ変やん!」
「ミサヨって……黙ってんと何か言うてや!」
「静かにしぃ…」
「……ウチらは少なからずアイツに期待してんねん。アイツのサンドリアでの名声、実際大したもんやったし……」
「ミサヨが王室親衛隊んとこ潜入して、魔法人形で守ろうとした病気の姪……マリィに言うたサシュの大口……ウチら全員、人形通して聞いた……」
「そのサシュに会えるいうて、えらい楽しそうに変装までして行ったミサヨ見て、ヤキモチ焼いたアホ一人除いたら……ウチらにとって、サシュの大口が本物かどうか見極めるチャンスでもあるわけや」
「誰もアンタや言うてへんよ♪」
「頼むでサシュはん……ウチらの団長が自信取り戻せるかどうか…同じ呪われ状態のアンタの活躍にかかってんねん……」
「みんな来てみぃ!よう晴れとるわぁ♪」

(↑)カーバンクル・カーズでは、これがラカの大阪弁になります。

これをお手本にして、ラカのセリフを書いてきたつもりでしたが、やっぱり私が書くと不十分なんですよね。
それで今回、再度読者様によるチェックをお願いしたわけですが、コメントをくださった秘密1さんと秘密2さん(お二人とも男性ですが)のご意見を参考に、次のように仮修正します。
指摘されていないところも、私があちこち少しいじったので、変だったらぜひ指摘してやってください。

あ、「サシュはん」は上でも使っているので、使わせてください( ̄▽ ̄;

7(3)「珍しく泣いてるん? しっかりしぃや、リーダー!」
7(4)「そやで、サシュはん♪」
7(4)「サシュはん……ウチらから話あんねんけど、ええ?」
7(5)「それだけちゃうねんで。ウチら、飛空艇の事件以来ますますアンタに興味持ってるん。サシュはんと一緒に……冒険してみたいんや♪」
7(5)「どないしたん、ミサヨ?いつもみたいにぱーっと着替えたら?」
7(5)「……ぉ、見てみぃ。虹がでとるわぁ」
8(1)「もう着いてるわ! 早ょ、きぃや♪」
8(3)「ほな、行こか。失敗したら堪忍なぁ♪」
8(3)「アカンて、サシュはん。そない褒めると、照れてもぅて手元が狂ぅわ…………あ、ゴメン」
9(1)「ウチの出番やなぁ。脳筋コンビは後ろに控えとりぃ♪」
9(1)「赤と紫のゲートやろ、何か意味あるんやろ思ぉとった……けど、そないな仕掛けやったんやなぁ」
9(2)「……アレ、見てみぃ……アンティーナの足元や」
9(2)「静かにしぃ……わかっとんのは、ミサヨだけや」
9(3)「しっ」
10(1)「……LS会話は最後でええわ 」
10(1)「けどな……解散は皆で顔合わせてがええ 」
10(1)「……生きて帰って来ぃや、四人とも!」
11(1)「こらーっ、カロココっ!! いきなり雷光団抜けるて、どないなことやねん!?」
11(1)「パールはずすわ、テル受け付けんわで、ここまで走って来た!!……て、サシュはん??」
11(1)「は、はーん……」
11(1)「……あんたら、いつの間ぁに、デキとったんや!」
11(1)「え……ちゃうのん?」
11(1)「……なら、何なん?」
11(1)「ゆーとくけど……もうすぐ、ミサヨ達も来るで?」
11(2)「……よっ、ミサヨ。思ぉたより早かったなぁ」
11(2)「……二十年後くらいかね?」
11(2)「まぁね……ちぃとばかし楽しみしてる」
11(2)「話て、そないなことやったんか……そやなぁ……」
11(2)「……解散しよか。パールも割ろ」
11(2)「ウチ、まずウィンダスの彼女んとこでも、遊びに行くわ」
11(2)「カロココも浮気あきらめて、ウィンダスのダンナんとこ戻る言うてるしな」
11(2)「どないしたん? ウィンダス行きの飛空艇、すぐ出るんちゃう?」


特に心配なのは、「どないなこと」「そないなこと」です。
元の方が良かったかな?( ̄▽ ̄;

この記事のレスを見て、小説本文の修正に入りたいと思います。
よろしくお願いします~!

割とまじめなお願い2

小説「カーバンクル・カーズ」に登場するラカ・マイモーヴのセリフは関西(大阪)弁という設定なのですが、私が書くとどうしてもニセモノになってしまいます。

続きを読む »

ルーンボウで、きりり!( ̄▽ ̄〃

▽フレから6個もコアが送られてきたので……


チップに126,000Gを費やして、やってきました、がちゃぽん。
……それだけの価値はないと思います、はっきり言って( ̄▽ ̄;



---



▽ルーンボウが出ましたよ!
2007070701.jpg

黒なのに、弓が装備できてしまうこの楽しさ♪

戦闘中、MPは容赦なく減っていきますけどね……( ̄▽ ̄;
うぅ……使えねぇアイテムだぜ……。
でも、MPが多いタルのためにあるようなアイテムなのかも?

▽きりり!
2007070702.jpg

でもやっぱり弓は、身体の大きい種族の方が見栄えがしますよね~。

いつかルーンハルバードを手に入れたら、もうガチャポンは、やらないと思いますw



それまでは、やるのか……やるだろうな、私のことだからw

Cカーズ11-2

 
FFXI小説「カーバンクル・カーズ」
 目次
 登場人物紹介
 第一話 白絹の少女 (1) (2) (3) (4)
 第二話 罠 (1) (2)
 第三話 黒き雷光団 (1) (2) (3) (4)
 第四話 下層の歌姫 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
 第五話 刺客の価値 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第六話 依頼と報酬 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第七話 月虹の契約 (1) (2) (3) (4) (5)
 第八話 裏切り人形 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第九話 光陰の中で (1) (2) (3) (4) (5)
 第十話 決着 (1) (2) (3) (4) (5)
 最終話 旅立ちの朝 (1)


 最終話 旅立ちの朝 (2)

続きを読む »

Cカーズ11-1

 
FFXI小説「カーバンクル・カーズ」
 目次
 登場人物紹介
 第一話 白絹の少女 (1) (2) (3) (4)
 第二話 罠 (1) (2)
 第三話 黒き雷光団 (1) (2) (3) (4)
 第四話 下層の歌姫 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
 第五話 刺客の価値 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第六話 依頼と報酬 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第七話 月虹の契約 (1) (2) (3) (4) (5)
 第八話 裏切り人形 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
 第九話 光陰の中で (1) (2) (3) (4) (5)
 第十話 決着 (1) (2) (3) (4) (5)


110805 11話

 最終話 旅立ちの朝 (1)

続きを読む »

HOME →次ページ

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささ)
    ただのサラリーマンです( ̄▽ ̄)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

商標/著作権等