珈琲は一日二杯まで

あずの気が向いたときに気が向いたことを書く場所です

ゲームのことを書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたり、小説を書いたり、適当に何でもありな趣味のブログです。

PSI-missing

「とある魔術の禁書目録(インデックス)」というアニメが。

いかにもライトノベルな設定と話の展開……と思いましたが、やっぱり原作はそうらしいですね。
最近、そういうアニメが多い気がします。

---

昔から、映画やアニメは演出が重要、演出が良ければ楽しめる……と思ってきましたが。
ライトノベル原作のものをいくつか見ていると。
演出だけじゃだめだーと思い始めています。
何か騙されたような感じになるんですよ。
どこかに穴を開けたまま、そこを埋めずに終わってしまったというか。
私だけかもしれませんけど( ̄▽ ̄;

まぁ、そんな話はともかく。

このOPの曲が気に入ってます。

 PSI-missing

 歌手:川田まみ
 作詞:川田まみ
 作曲:中沢伴行

個人的に、こういう一定のリズムが繰り返されるような曲が好きみたいです。
ミクの曲で一番好きなのが、「saturation」なのも、そのせいかも。

余談ですが。
様々なジャンルで、新しい才能が受け入れられやすくなっているのは、いいことだと思うのですが。
そこである程度受け入れられてしまうために、その一定のレベルから抜け出す人がほとんどいなくなってきているような気もします。

と、思うようになったのも、単に私の感覚が古くなっただけなのかもしれません( ̄▽ ̄;

コメント

ゲームなんかもそうですけど、演出は重要だけどそれだけでokって時代でもないのかなぁ。やっぱりシナリオや作画、キャラ、キャスト、OPED等が総合的に良くないと・・・。私的には特にシナリオかなぁ。「とある~」は少し期待してただけに今のところガッカリですねぇ。ラノベの限らず原作物って原作ファンと新規のお客さんの両方をターゲットにして苦労してるとは思うものの、どっち付かずになってることも多かったり。「とある~」は設定の説明がダラダラと続く割に心理面の描写が少なく、お話だけは進行してるところがチグハグな感じがしてます。「騙されたような」って感じもしますねw

◆Soufさん
とある魔術の~のアニメについては、基本的にSoufさんと同じ感想を持っています。
が、私の書く素人小説も、(特に竜連れは)人のことを言えないな~という感じでw

申し訳ありません。中学生の身分なのでアニメ版を見ていません。まあ、どうしてもみたければUチューブで見ればいいのですが・・・
私は基本小説や漫画で見たものをアニメで見るのが嫌いです。
演出とかそういう難しいことではなく、『声』。自分の想像と違ってしまうのが嫌なんです。インデックスは上条の顔が妙にてかっているいるのも嫌な所ですかね・・・

◆甘蛙さん
そうですね、原作を知っていてアニメを観ると、声がイメージに合わないことってよくありますよね。
私の場合、最近では、ワンピースのルフィとか、そうだった気がします。
とある魔術~については、私はアニメしか知らないので、原作の良いところとか、知らないのです。
アニメを観るかぎり個人的には、設定以外に好みの部分がない感じです……。

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
プロフィール

  • Author:あず霧絵(笹谷周平/ささ)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

最近のトラックバック
商標/著作権等