珈琲は一日二杯まで

あずの気が向いたときに気が向いたことを書く場所です

ゲームのことを書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたり、小説を書いたり、適当に何でもありな趣味のブログです。

Isoball 3⊂( ̄▽ ̄)

情操教育上、あまりよろしくない気もしますが。
うちの娘は、幼稚園の頃からインターネットに繋がった彼女専用のパソコンで遊んでいます。
オンラインゲームFFXIを遊んでいる私がパソコンを買い替えるたびに、そのお下がりが彼女のものになるので、小学生のパソコンにしては結構ハイスペックなマシンじゃないかと思います。

で、どういうネットサーフィンの経路でたどり着くのか、よくわかりませんが。
いつの間にか新しいゲームを見つけては遊んでいます。

今回彼女が遊んでいたゲームが、親の私が遊んでも面白かったので、ご紹介します。

---

▽Isoball 3

自分でブロックを組み合わせてボールが転がる通路を作り、ボールを穴に落とすという単純なゲームです。

娘と私はこちらの無料ゲーム紹介サイトで遊んでいましたが↓
http://www.freeworldgroup.com/games9/gameindex/isoball3.htm

大元は、こちらのサイトのようですね↓
http://www.gimme5games.com/play-game/isoball-3

アクセスしてしばらく待つと、ゲームを読み込みます。
手を「ぱー」に開いたマークと「gimme5games」のロゴが出たら、「Play!」をクリックすることでゲーム画面が表示されます。
効果音(SFX)はあった方が良いと思うのですが、BGMが好みではないので、私は「OPTION」で「MUSIC」だけ消しています。

はじめのうちは小学校低学年でも楽勝なのですが、面が進むとだんだん難しくなっていきます。

最初の難関は、21面ではないでしょうか。
52面では、ずいぶん悩みました。

今はなんとか52面をクリアしたところで、この記事を書いています。
全部で75面あるようですが、この先、どれだけ難しくなるのか……( ̄▽ ̄;

コメント

コメント拒否されてしまう件、当方ブログに見てもらえるかなとダメ元で書いてみたのですが、伝わってよかったです。コメント処理ありがとうございました><

子供にパソコンを与えることについては賛否両論ですよね。子供はすぐ「~~てなんで?」という疑問を持つのでそれを自分で調べられるのは知識をどんどん増やせるということでは良いことですが、誤って変なページに飛んでしまう危険もありますし><

そしてさささんのせい(厳密には娘さんのせい(゜Д゜≡゜Д゜)?!)で寝不足になりそうです・・・おもしろいゲーム紹介しないでください;;;

そっち方面職(←失笑)の私としては
「子供にパソコンを与えるな」というのは齟齬があり、「(パソコンに関わらず)親の管理が及ばないモノを子供に与えるな」が正しいと認識しています。なので、ネットの危険性や利便性を解し、ルールを一緒に考えてあげられる親御さんなら、逆に学校教育に一任せずご家庭ぐるみでIT習熟に触れるのは理想的だと思っています。
要はPCに限らず、保護者がフォローしきれない物をお子さんに持たせる事が危険なのではないでしょうか。携帯を幼児に与えておいて使用履歴はノーチェックだったり、ゲームの内容を確認せずにねだられたソフトをプレゼントする親御さんには危うい物を感じます。

あと、このゲーム、面白い上に 止め時がないから、ズルズルやってしまって困りますw
HOMEに飛んだら、他にも面白そうなのあるし…(*´Д`*)ww

◆Jさん
その件では、大変なご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
迷惑コメントを確認する画面が異常に重いため、普段からチェックするには時間がかかりすぎるんです。
管理画面で他のコメントと一緒に表示してくれれば、すぐにわかることなのに、この点だけはFC2の困った仕様だと思っています。
それ以外のところは好きなんですけど。
娘のパソコンの件は、自分の興味のありそうなところを見て行くことになるので、変なページに飛ぶことは、まずないみたいです。
変なページに興味を持つ年頃になった時がヤバイかもですが( ̄▽ ̄;
ゲームは、私が寝不足になったので、仲間を増やすことにしました。
犠牲者第一号当選、おめでとうございます( ̄▽ ̄)

◆なおのさん
教育のプロが、ご光臨あそばされた!
うちの娘をなおのさんが鍛え直してくれたら、どれだけ安心であろうか!
で、「保護者がフォロー」の件ですが、基本的に放置です(だめじゃん!)
ただ、さすがに親の目の届かないところはヤバイと思うので、親子3人のPCは同じ居間に置かれています。
そういうわけで、私自身がこっそりアヤシイサイトを見に行くこともままなりません(それはどうでもいいですかそうですか)
このゲーム、面白いですよね。
HOMEに飛んだらどうなるかわかり切っているので、私はあえて飛ばなかったのに!w
楽しんでいただければ、紹介したかいがあります♪

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
プロフィール

  • Author:あず霧絵(笹谷周平/ささ)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

最近のトラックバック
商標/著作権等