珈琲は一日二杯まで

あずの気が向いたときに気が向いたことを書く場所です

ゲームのことを書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたり、小説を書いたり、適当に何でもありな趣味のブログです。

横浜市水道水の放射能濃度(5)

▽横浜市に給水している浄水場の浄水中放射能濃度

<注意>クリックで拡大します。本日までの情報元ウェブサイトのデータを元に作成しています。鶴ヶ峰浄水場のデータはありません。個人が作成したものですので、間違いがあるかもしれません。このデータを利用することによるいかなる不利益に対しても、責任を負いかねます。
<情報元ウェブサイト>横浜市水道局神奈川県内広域水道企業団
浄水場の給水区域を調べる(ご参考)→横浜水道水質白書

浄水場の給水区域について、横浜市水道局のウェブサイトに次のような記載が追加されていました。

各浄水場の給水区域
 市内にある小雀浄水場、西谷浄水場、川井浄水場と神奈川県内広域水道企業団の浄水場の水は混合されて給水しています。また、計画停電に伴い通常の給水区域を変更していますので、それぞれの浄水場の給水区域の特定はできませんが、すべての地域で水道水の安全性に問題はありません。



---

きっと給水区域について、問い合わせがかなりあったのでしょうね。
「うちは、どの浄水場から給水されているのか教えて欲しい」という問い合わせを、私もしたいと思っていました(結局、していませんが)。

しかし、給水区域が特定できない状態になってしまったのは残念です。
例えば、計画停電で「停電区域の特定はできません」なんて状態だったら、今以上に混乱していたに違いないですから。
こうなると余計に、茅ヶ崎市のように蛇口からの水道水中の放射能濃度も測定していただけたら、ありがたいのに……と思ってしまいます。

いつものように、茅ヶ崎市と東京都の情報も載せておきます。

▽神奈川県営浄水場と茅ヶ崎市内での水道水中放射能濃度

<注意>クリックで拡大します。本日までの情報元ウェブサイトのデータを元に作成しています。個人が作成したものですので、間違いがあるかもしれません。このデータを利用することによるいかなる不利益に対しても、責任を負いかねます。
<情報元ウェブサイト>県営水道の放射能濃度の測定結果について県衛生研究所の水道水の放射能濃度について

茅ヶ崎市に給水している浄水場は寒川浄水場だと思うのですが、浄水場で検出されてから神奈川県衛生研究所の蛇口で検出されるまでのタイムラグがすごいですね。

▽東京都の浄水場と水道水中の放射能濃度

<注意>クリックで拡大します。本日までの情報元ウェブサイトのデータを元に作成しています。個人が作成したものですので、間違いがあるかもしれません。このデータを利用することによるいかなる不利益に対しても、責任を負いかねます。
<情報元ウェブサイト>東京都水道局東京都健康安全センター

東京都健康安全研究センターにおける蛇口からの水道水は、ようやく放射能濃度が下がってきたようです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
プロフィール

  • Author:あず霧絵(笹谷周平/ささ)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

最近のトラックバック
商標/著作権等