珈琲は一日二杯まで

あずの気が向いたときに気が向いたことを書く場所です

ゲームのことを書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたり、小説を書いたり、適当に何でもありな趣味のブログです。

警察です

先日の朝、通勤電車内での出来事。

---

座席に座れたのをいいことに、風邪気味だった私は半分寝入っていたのですが。
駅に着いて降りる乗客のざわめきとは別に、男の声で目が覚めました。

「警察です!今、触られていましたよね!?」

「警察です!今、触られていましたよね!?」

見ると、目の前に立っている女子高校生が白髪の男に声をかけられていました。

外のホームからは、

「警察だ!暴れるな!警察だ!」

と連呼する声。

何が起こったのかわからないような、あっけにとられた顔の女子高生。
おそらく、どう反応していいのかわからなかったのでしょう。

すぐに扉が閉まるベルが鳴り響き、白髪の男が

「とにかく降りましょう!」

と、床に置いてあった女子高生のかばんを手に持ち、彼女の手首をつかんで、一緒に電車の外に降りて行きました。

それは、あっという間の出来事で、駅を出発した車内はすっかり静か。
ひそひそ話をするような人もいません。
目の前で痴漢逮捕劇があった、ということのようなのですが。

まず私が思ったのは。

痴漢された上に、学校に遅刻して、さらに学校で噂話にでもなったら可愛そうだなぁということでした。

それからさらに考えました。

私自身は、容疑者の姿を見ていないので、本当に痴漢があったのかわからないということです。
まあでもそれは、たぶんあったのでしょう。
人がたくさん歩くホームで、「警察だ!暴れるな!警察だ!」と一人で騒ぐのはあまりに不審すぎます。

ただ、今でもわからないのは、本当に二人が警官だったのかということです。

もし自分が女子高生の立場だったら、ついて行っていいものか判断できない。

例えばですよ。

男三人が、グルだったとしたら?

一人が痴漢役、二人が私服警官役で、女子高生がまんまと拉致されたのだとしたら?
警察署に行くようなそぶりで、車に連れ込まれていたとしたら?

恐くないですか?

「警察です!」と連呼するだけで、何も証明しようとはしてくれていませんでしたよ。

最近は、ドラマみたいに警察手帳を見せるようなことはないと聞いたことがありますが。
何かしら証明してくれないと、とにかく恐いです。

「警察です!警察です!」

と、何度も連呼されてもなぁ……。

自分が今の自分として冷静に考えれば、まずは駅長室にでも連れて行かれれば納得しますが。
痴漢にあった上に、いきなりこんな展開になったら、たぶん女子高生の頭の中は真っ白で、冷静な判断もそれに見合った行動もできなかったんじゃないかなぁと思います。

ぽかんとした彼女の顔が印象的でした。


コメント

タイトル見た時、さささんが捕まったのかと・・・

確かに、一般人の頭の中では、警察官というのは制服着ているイメージがあったりするので、言葉だけで「警察」って言われても、すぐにピンとくるものがないですよね。まして、警察手帳でも見せてくれないとなると・・・

◆金太郎さん
世の中、冤罪も多いみたいですので、恐いですね( ̄▽ ̄;
私服警官はいいんですけど、何かしら証明して欲しいと思いました。
手帳でもバッジでも。
もちろんそれが本物か偽者かはわからないんですけど、ただ言われてついていったら、ついて行くほうが悪いみたいに言われそうで恐いです。
覆面パトカーが追跡時に屋根の上にパトライトを出さなかったら、ただのスピード違反車と区別がつかないような……そんな感じ。

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
プロフィール

  • Author:あず霧絵(笹谷周平/ささ)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

最近のトラックバック
商標/著作権等