珈琲は一日二杯まで

笹谷の気が向いたときに気が向いたことを書く場所です

小説「竜を連れた魔法使い」連載中

素人がゲームのことを書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたり、小説を書いたり、適当に何でもありな趣味のブログです。友達は少ない。

マツコ&有吉の怒り新党

先日の記事でも少し触れましたが、面白いのでまた記事にしてしまいました。
笹谷目線評価。

---

まず簡単に番組の説明から。

マツコ&有吉の怒り新党
水曜日の23時15分からテレビ朝日で放送されているバラエティ番組で、出演者はマツコ・デラックス、有吉弘行、夏目三久の3人。身の周りの出来事に対する視聴者からの怒りメールに対しトークを繰り広げるメインコーナーと、ある分野(スポーツ、アニメ、特撮が多い気がします)のネタトップ3を発表して有吉とマツコがコメントするコーナーから成っています。

ネットで調べると、有吉とマツコの毒舌トークが……とよく書かれていますが、毒舌という気は全然しません。
そのへんで一般市民が会話していそうな普通レベルの会話だと思います。

そのトークのバランスがすごい。
会話に出た人物を責めたとして、視聴者(この場合は私)が「そこはもっと言おうよ」というところは会話が走っていき、ふと「そこまで言うの?」とこちらが立ち止まるところで、しっかり会話が優しくフォローする側に振れます。
怒っているような会話の中にも、必ず弱者への優しさが顔を出します。
有吉もマツコも頭の回転が速いだけではなく、常にそのあたりのバランスや会話の客観性を意識しているところがさすがですね。
別の立場の人が聞いたらどう思うかを会話に取り入れます。
それでいて、自分のこだわりもしっかり主張するし、会話の中で考えが変われば違う考えも受け入れます。
そのあたりが、会話自体は攻めなのに、全体的に優しさを感じさせます。
それが心地いい。
台本がなく、思いのままに会話が脱線するから、本音トークが本音らしく聞こえるのも楽しいです。

基本的にマツコのトークが上手いと思います。
有吉は会話をつなぐ間に少し止まる時間がありますが、その間にマツコは次々と会話を続けていく。
たまに会話に無理があっても、マツコがそこでぶっちゃけて、有吉の大笑いで上手くまとまり、間髪入れずに夏目が次へ進行します。
有吉も会話が波に乗るとどんどん面白くなるし、マツコの軌道調整も上手い。

そしてなんと言っても注目なのが、夏目。
彼女についてネットで調べると、スキャンダルと脇汗のネタばかりが引っかかるので、それ以外の情報があまりないのですが。
可愛い美人顔とスラッとした抜群のスタイル。
個人的には、ショートな髪形もかなりポイントが高いです。
そして、見た目は常に笑顔でほんわかキャラなのに、他人の判断に妥協せず、自分の判断を曲げない。
二人からつっこまれて困ると、明らかな社交辞令や苦笑で会話を濁すことはあっても、相手に合わせて自分を曲げるようなことは言わないんですよね。
そこがいい。
有吉とマツコが会話の流れで同じ結論に達しても、それが視聴者の共感を得る答えとは限りません。失敗した(かも)という時、マツコが上手く会話を夏目に振る。夏目が「でも……ですよね」と違う角度からの意見をすぐに出し、「そうよね」「うんうん」と会話の軌道修正がすんなり行くあたり、見事な連携だと思います。

私が紹介するまでもなく、すでにかなりの人気番組で、最近の夏目三久の注目度も今日のネットニュースになるくらい高いみたいですね。

楽な気分で見る番組として、お勧めです。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◆秘密さん
名前からLSメンの人かなと思いましたが、違ったらすみません。
ブブリムの通称マツコは、まあマツコですよねw
出演者は3人とも私より若いですが、タレントはすごいなと思います!

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささ)
    ただのサラリーマンです( ̄▽ ̄)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

商標/著作権等