珈琲は一日二杯まで

笹谷の気が向いたときに気が向いたことを書く場所です

小説「竜を連れた魔法使い」連載中

素人がゲームのことを書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたり、小説を書いたり、適当に何でもありな趣味のブログです。友達は少ない。

逆鱗

逆鱗

(1)目上の人の怒り。「―に触れる」
(2)天子の怒り。
故事:竜のあごの下に直径一尺のさかうろこがあり、これに触れると必ず殺されるという話による。<韓非子>
――旺文社 国語辞典 新版より


逆鱗
《竜のあごの下にある逆さに生えたうろこに人が触れると、竜が怒ってその人を殺すという「韓非子」説難の故事から》天子の怒り。転じて、目上の人の怒り。

逆鱗に触れる
天子の怒りに触れる。また、目上の人を激しくおこらせる。
[補説]「天子や目上の人を怒らせる」意であるから、自分や目下の人について使うのは誤り。
――「goo辞書 逆鱗」より



---

もしかしたら自分の知っている意味とは別の意味もあるのだろうかと思い調べてみましたが、そんなことはありませんでした。
目上の人と言っても直属の上司くらいでは使わず、社長くらいなら使うかなーと考えていましたが、こんな説明も見つけました。



逆鱗(げきりん)に触れる

(誤)ここ二、三日午前様を繰り返したら、女房の逆鱗に触れて、一言も口を利いてくれないのだ。

(コメント:「逆鱗に触れる」は、「天子の激しい怒りをかう。企業や団体のトップ、目上の人を激しく怒らせる」意を表す。例、「彼は何やらいらぬことを進言し、社長(会長・署長など)の逆鱗に触れたらしい」。この語は中国の「韓非子(かんぴし)」による。竜にはあごの下に直径一尺ほどの逆鱗(=逆さに生えているうろこ)があり、だれかがこれに触れようものなら、竜は怒ってその者を殺してしまう。天子にも同じような逆鱗がある。天子に意見を申し上げるときは、この逆鱗に触れないように気をつけなければならないという。したがって、「女房の逆鱗に触れて」は本来の用法からはずれている。しかし、自分にとって女房は天子さながらにこわい存在なのだと、おどけて使う場合は、正誤をとやかく言う筋合いのものではない。なお、「逆」の「ゲキ」は常用漢字表にない音、「鱗」は常用漢字外の字。)
――「間違いやすい 言葉の正誤判定 南澤孝男 4.意味・用法に関する問題」より



自分から使う機会は全然ない言葉です。
ただ、「私の逆鱗に触れた」と言われたことが過去に2回もあったので、気になったのでした。

一人目は怒らせるつもりで言ったので気になりませんでしたが、明らかに目上じゃない相手から言われたので、違和感が大きかったです。
二人目は、私が精神的にまいっている時期にそれに巻き込んでしまったかもという後ろめたさを感じていたのと、明らかに相手の方が上という部分があったので、多少違和感がありつつも、申し訳ないという気持ちの方が強かった。

いずれにしても、そんなセリフを言われる時点で、自分がダメダメな感じです( ̄▽ ̄;

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささ)
    ただのサラリーマンです( ̄▽ ̄)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

商標/著作権等