珈琲は一日二杯まで

笹谷の気が向いたときに気が向いたことを書く場所です

素人がゲームのことを書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたり、小説を書いたり、適当に何でもありな趣味のブログです。友達は少ない。

竜連れR 001r1

「竜を連れた魔法使い(リメイク版) ― マティの章 ― 」

第一話 カイリの出現

 視界を埋め尽くす草木のせいで、十メートル先の様子がわからない。
 頭上を覆う枝葉は重なりあい、空の欠片さえ見ることができない。
 そんな深く薄暗い森の中で、一人の青年が誰かと言葉を交わしていた。

「……逃げるって、どこへ?」

 戸惑う青年の名は、カイリ。
 その黒髪は汚れ、腕まくりした白シャツとグレーのズボンはボロボロで泥だらけだ。
 お世辞にもたくましいとは言えない十八歳の身体は、見るからに頼りなげである。

「マスターの屋敷へ、です」

 カイリの前方二メートルに、真剣な表情の若い女が向かい合っていた。
 二十歳前後に見える彼女の艶やかな黒髪は胸の高さまでストレートに伸び、そこから緩やかなウェーブを描いて腰まで達している。
 七分袖の白シャツと紺色の胸当て付きロングスカートは、不自然なほどに清潔だ。
 宙に浮く彼女の身長は、わずか三十センチほどしかない。
 背中には緑がかった透明な翅が生えていた。


  ***


 カイリが黒髪の“妖精”と出会う三日前。
 彼の記憶によれば、“転移”が起きたのはその日の午後である。
 朝から雪がちらつくこの日、カイリは田舎にある進学校の職員室にいた。

 三年生の彼はすでに全国共通のセンター試験を終えており、最近は志望校の入試に備えて追い込みの真っ最中だった。
 その長かった受験勉強期間は、担任である物理教師の一言で終わった。

「滝谷、例の推薦、受かっていたぞ。おめでとう」

 カイリを職員室まで呼び出した壮年の物理教師は、開封したばかりの封筒を手にそう告げた。
 広げられた書類に『滝谷海里《たきたにかいり》殿 合格』の文字が見える。

「あ、はい。ありがとうございます」
「ホッとしたぞ。お前、応用問題が苦手だからな。推薦で二次試験を免除されなければ、受かったかどうか……」

 カイリが高校からの推薦により、全国模試とセンター試験の成績のみで合格した大学の工学部は、国内で一、二を争う狭き門だった。
 全ての教科でまんべんなく点を取るタイプの生徒ではあるが、カイリが得意なのは記憶力に頼る問題であって、過去問にも類例がないような数学のオリジナル問題や、発想や工夫が必要な問題は他の優秀な生徒には及ばない。
 二次試験とも呼ばれる大学別の入試では、そういう問題が多く出題されるのだ。

「記憶力だけは全国トップクラスだろうけどな、滝谷は」
「記憶力だけって……まあ、そうですけど。でも単に記憶力がいいというのとは、ちょっと違います。授業での先生の話とか、あまり覚えていませんし」
「お前な……」

 あきれた表情を見せる教師は、怒ってはいない。
 目の前にいる生徒の受験は終わったのだ。

「前にも言いましたけど、俺が得意なのは、本に書かれたりディスプレイに表示されるような文字列……文章の暗記なんです」
「ああ、そういえばそんなことを言っていたな。円周率暗唱ならギネス記録の更新も狙えるとか……。調べてみたんだが、世界記録は数万桁らしいじゃないか。いくらお前でも無理だろう」

 天性の記憶力に恵まれた生徒が微笑んだ。
 自信があるらしい。

「……まあいい。しかし記憶力は衰えるものだからな……大学では応用力や実践力も磨けよ。社会に出たら、そっちの方が役に立つ」
「はい。先生には大変お世話になりました。ありがとうございました」

 カイリは合格通知の書類を受け取ると、会釈をしてから廊下に出た。
 一人になって、ようやく実感がわいてくる。
 何より今までの努力が報われたことが嬉しい。

(父さん母さんも、喜んでくれるだろう……)

 そう考えたところまでは、はっきりと覚えているカイリ。
 廊下の窓枠に雪が積もり始めていた。

 彼が教室に向かおうとしたその時。
 突然、意識が飛んだ――。



 前触れらしきものは、何もなかった。

 謎の光に包まれたわけでも、神の啓示を聞いたわけでも、未確認飛行物体が現れて連れ去られたわけでもない。

 気がつくとカイリは深い森の中に立っていた。
 まばたきを一回したら景色が変わっていた。
 そんな感じである。

「…………」

 呆然として言葉も出ない。
 三秒が過ぎて、最初に漏れた言葉は――。

「あ……っつ!」

 今日は雪が降っていたはずだった。
 それにも関わらず、急に上昇した気温でドッと汗が噴き出した。

 目の前には、日本ではあまり見かけないであろう植物群。
 大きな葉の木や草が生い茂っていた。
 とにかく枝と葉の量が多くて、空が全く見えないくらい頭上を覆っている。

 冬服のブレザーを脱ぎ、白シャツの袖をまくるカイリ。
 実際には日本の初夏よりも涼しいくらいなのだが、気温の急激な変化に身体が対応できなかったのと、とにかく湿度が高かった。

(……どうなっているんだ?)

 頭の中を埋め尽くす疑問符。
 何が起こったのか、さっぱりわからない。

「待て。落ち着け、俺」

 周囲を見渡すが、人の気配はない。
 時折、鳥や獣のけたたましい鳴き声が響き渡るだけである。
 考えるカイリ。

(ここがどこか、というのは後回しだ。何が起こったのかも置いておこう。重要なのは……)

 重要なのは、この森から脱出できるかどうか、だ。
 少し歩いたくらいで道路でも見つかれば、まだ生き残れる可能性はある。
 ここは日本ではないかもしれないが、人に出会うことさえできれば、なんとかなるかもしれない。
 だが……。

 ここが広大な森林の奥地だとしたら――。

 現代日本の高校生に過ぎないカイリが持つ唯一の特技は天性の文章記憶力だが、森の中では役に立ちそうもない。
 サバイバルの知識でも予め記憶していれば良かったのだが、進学校の生徒だった彼にそんな知識を覚える余裕はなかった。
 しかも運動が苦手で、体力にはまるで自信がない。
 そんな彼が何の準備もなく未開の奥地に放り出されたのだとしたら、生き残れる確率が一パーセントもあるとは思えなかった。

 さらに。
 ジャングルの中は、うっすらとオレンジ色に染まっていた。

 まだ明るいが、夕刻なのだろう。
 日が沈めば夜が来る。
 太陽が沈むまで歩き回るのは危険だと感じていた。
 世界が暗闇に閉ざされる前に、安全に夜を過ごす方法を探す必要がある。
 森からの脱出を試みるのは、夜が明けてからだ。

 ここまでのカイリの判断は、かなり冷静だと言える。
 あまりに突拍子もない出来事に対し、まだ実感がわいていないというのが実情だった。
 次のまばたきの後には、学校の寒い廊下に戻っているのではないか……そんな気さえしていたのである。



 結論から言うと、カイリは安全な場所を確保できていなかった。
 腕時計の針が時間の経過を正確に彼に教えるところによれば、この森の中に放り出されて八時間を過ぎようとしていた。
 夜の十時である。
 そんな時間であるにも関わらず、森の中は夕焼け色のままで暗くならないし、高校の廊下に戻ることもなかった。
 まるで時が止まっているかのようだが、確かに腕時計は時を刻んでいるし、すっかり空腹である。

(腹……へったな……。のどはカラカラだし……)

 しばらく夜が来ないとわかっていれば、水や食料の確保を優先すべきだったのかもしれない。
 見つけられるかどうかは、ともかく。
 加えて、連日遅くまで勉強をしていた睡眠不足と、森の中を歩き回った疲れで、眠気がピークを迎えていた。

(やばいな……かなり、やばい……)

 今のところ獰猛な肉食獣に出くわすことも、虫や蜘蛛の毒で苦しむようなこともなかったが、道路も水辺も見つかっていない。
 都合よく洞窟を見つけることもなかったし、それどころか登れそうな樹さえ見あたらない。
 地面にぶっ倒れるしかなさそうだった。

(おかしい……今頃は家に帰って、父さんたちに合格を知らせているはずだった……のに……)

 気がつくと頬が地面に付いていた。
 うつ伏せに倒れた身体に虫が這い上がってきても、払い落とす気力さえ今のカイリにはない。

 真冬の高校にいたはずが、温暖で深い森の中。
 何時間たっても、訪れない夜……。
 そしてもう一つ。
 カイリはこの森の奇妙さに気づいていた。

 よく見ると、周囲の木々の全てが同じ一方向にだけ枝を広げているのだ。
 幹の片側にだけ枝が密集しているのである。
 それは、オレンジ色の光が差し込んでくる方向と一致していた。

 何もかもがおかしく、受け入れがたい現実だった。
 夢を見ているか、気が触れたか……そう考える方が自然な気がする。

 やがて、地面に横たわったまま意識が落ちた――。



 何かの気配を感じて、カイリの意識が戻った。
 薄く開いた目にぼんやりと映る光景は、やはり夕日に染まる森の中だった。
 
(…………人?)

 オレンジ色の明かりの中で、スレンダーな後ろ姿が歩き去っていくのが見えた。
 身に着けた服装は多種の色が鮮やかな北欧の民族衣装のようで、ショートボブの金髪《ブロンド》からのぞくうなじは細くて白い。
 頭の両耳の位置から突き出しているのは、髪飾りであろうか……。

(待……って。助けて、く……れ……)

 その願いは声になることはなく、のどがヒューヒューと小さく鳴るだけだった。
 沈む意識。
 カイリは再び深い眠りに落ちていた。



 すさまじい空腹と、渇いたのどの痛みがあった。
 さらに、全身の痛みと痺れ。
 そんな不快な感覚の中でカイリは再び目覚めた。

 うつぶせになっていた身体をなんとか回して、仰向けになる。
 身体の前面に血が通うのを感じた。
 とにかく全身が痛いが、なんとか動けそうだ。
 そして頭が少しすっきりしているのは、眠ったおかげだろう。
 どうやら眠っている間に危険な生物に襲われる不幸は免《まぬが》れたカイリだった。

 相変わらず、夕日……いや、方角がわからないので朝日かもしれないが……の中にあった。
 寝起きのせいか、昨日よりも周囲が明るく感じられる。

(いてて……)

 床ずれと筋肉痛の痛みに耐えながら上半身を起こすと、かたわらに何かがあった。
 丸められた布が地面に置かれている。
 派手な色彩でタータンチェック柄のそれは、カイリの持ち物ではない。
 警戒する心の余裕はなかった。
 今のカイリにできることは危険を避けることではなく、生き残る可能性を探ることだけだったからだ。

 手に取り、広げた布の中から出てきたもの。
 それは、青りんごに似た果実に見えた。



 森の中で二日が過ぎた。
 布に包まれた果実の味は梨とそっくりで甘く、梨よりも水分が豊富だった。 
 一口かじった時のカイリは、まさに生き返った気分であり、あっという間に丸々一個を食べ尽くした。
 そして、これが重要なのだが、同じ果実が森のあちこちで豊富に実っていることに気づいた。

 布に包まれたものを口にするまで、全く気づいていなかったカイリ。
 未知の果実に危険を感じて食べなかったというわけではない。
 この青い果実は、どれも大きな葉に隠れるようにぶら下がっていたし、葉と同じ緑色で気づかなかったのだ。
 だが、特徴のある大きな葉の裏にその実があるとわかってからは、逆に見つけるのは簡単だった。

(あれは、何者だったんだろう……)

 青い果実をかじるカイリの脳裏に、夕日に染まる美しい金髪が浮かんでいた。
 カイリを直接助けるわけでもなく、そうかと言って見捨てるわけでもなく、その行動が謎であった。
 ズボンのポケットには、青い果実を包んでいたタータンチェックの布が残っている。

(森に食べ物があることを教えてくれようとした……そうとしか考えられない。姿を消したのは、助けを呼びに行ってくれた……とか?)

 でも、声も掛けないのは不自然だよな、とも思うカイリ。
 確実に言えることは、この森が前人未到の場所ではなく、人に出会える可能性があるということだ。
 果実だけで何日生き延びられるかはわからないが、助かる可能性は格段に高まったと言える。

 安全な場所を探しつつも、移動を続けるカイリ。
 向かうのは、謎の人物が歩き去った方向だ。
 闇雲に歩き回るよりは、いくらかマシだと思ったからである。

 心に少し余裕ができたカイリは、この森に夜が来ない理由を考えていた。
 最初に思いついたのは、白夜である。
 北極や南極に近い場所では、夏に太陽が沈まない現象が見られる。
 ただし気候が温暖であることから、この森が白夜になるほどの高緯度にあるとは考えにくかった。
 そして何より、白夜でも太陽は空を移動するはずである。
 二十四時間、同じ方角に留まっているのはおかしい。

 次に考えたのは、ここが地下である可能性だった。
 なんらかの強力な光源があり、それを太陽と思い込んでいるだけなら、太陽が動かないように見える現象も説明できる。
 カイリの頭に、子供のころに読んだ“地底人”とか“地球空洞説”といった言葉が浮かんでいた。
 何しろ頭上の枝葉が多すぎて、まだ空を見ていない。
 そよ風はあるが、この森に来てから雨は降っていなかった。
 しかし夕日と勘違いするくらいの光源となると、かなりの明るさのはずである。

(天然にしろ人工的なものにしろ、太陽と勘違いできるほど強力な光源なんて、ありえるんだろうか……)

 考える時間はたくさんあった。
 そして、急に森へ転移したことと太陽が動かないことの二点さえ除けば他に異常はなく、世界は現実としか思えなかった。
 物理法則を無視するような現象を目にすることも、見えないはずのものが見えたりすることもない。
 木の枝が幹の片側にだけ広がっているのは不自然だと最初は思ったが、光源が動かないのであれば植物がその方向にだけ成長するのは自然なことかもしれない。
 そうだとすれば、謎の光源はもうずっと昔から動いていないということになる。

(せめて、空が見える場所があればな……)

 ひらけた場所に出ることさえできれば、動かない光源の秘密がわかる気がするカイリだった。



 森に来て三日目。
 この日、腕時計が示す時刻で午後一時頃のことだった。
 カイリは、ついに水辺を見つけた。
 立ち並ぶ木の幹の向こうに、キラキラと明るく光る水面が見えたのだ。

 ためらうことなく、水面が見える方に向かうカイリ。
 水も重要だが、それ以上に期待するものがあった。
 水辺があるということは、その上はひらけていて空が見えるということだ。
 頭上を覆う枝葉の上には本物の空が広がっているのか、あるいは天井が見えるのか。
 それをどうしても確かめたかった。

 直径百メートル程度の大きな池は、たくさんの藻で緑色に染まっていた。
 窪んだ場所に水が溜まったという感じだ。
 鳥や獣にはありがたい水辺かもしれないが、カイリが飲んだら腹をこわすに違いない。
 そして水辺から頭上を見上げたカイリの目に映ったもの。

 それは周囲の木々で丸く切り取られた、広大な夕焼け空だった。

 もちろん夕焼けではなく朝焼けという可能性もあるが、太陽が昇りも沈みもしないのであれば、その違いに意味はない。
 森で過ごす間は遠方の景色に焦点を合わせる機会がなかったため、空を見つめるカイリの目が少し眩《くら》んだ。

 空の大部分は澄んだ青色だが、木々が枝を伸ばす方角では茜《あかね》色と青色が溶けあう美しいグラデーションになっていた。
 頭上には水平に近い角度の陽光に照らされてオレンジ色に染まる雲がたくさん浮いている。
 低い位置の雲は止まって見えるのに、高い層の雲が台風時のような速さで流れる様子が幻想的で、心が吸い込まれるようだった。

(綺麗だな……)

 カイリの目に涙が浮かんでいた。
 空が赤く染まる方向に太陽があるのだろう。
 ただし周囲の木々が想像以上に高く、その姿を見ることはできなかった。

 カイリの顔に乾いた笑みが浮かぶ。

(せめて巨大な地下空洞だったなら……ここが地球であるという可能性が残ったんだけどな……)

 地球が自転している限り、太陽が動かない場所など地球上には存在しない。小学生でも知っている常識である。

(もう、家には帰れないかもしれない……)

 寂しさが心を締めつけ、目からこぼれた涙が頬を伝った。
 たった一人。
 この世界で、自分だけが異質な存在。

 ここは自分の知らない“異世界”だと考えるしかなかった。
 違う星か、並行世界か、はたまたどこかの神様が作り出した新世界か。
 とにかくカイリが生きていた現代の地球でないことは明白である。
 両親も友達も、知っている人間はこの世界のどこにもいないだろう。

 高い夕焼け空の下。
 水辺にうずくまるカイリの耳に、大きな音が響いた。


コメント

「両親も友達も、知っている人間はこの世界のどこにもいないだろう。」
の一文ですが、元の世界から「転移?」したのが自分だけであると
確信する根拠が今のところはないと思うのですがいかがでしょうか?

さて、大きな音・・・ドカーン?パンパン?ドンドンパフパフ?
湖の水を飲んだカイリのお腹の・・・ゲフンゲフン

◆Aryuさん
ふむふむ、自分では気づかなかったところなので、ありがたいです。
大きな音は二話の最初に説明があるのですが、一話に持ってきた方がいいですね。
どちらもrev.2に反映させたいと思います。
お腹の話もあるんですが、それ以前に……水も紙も着替えもなく……かなり臭うだろうなぁというのは、後で少しだけ本人も気にする予定です。
あ、果実だけ食べている時点で、お腹の調子は悪くなっていてもおかしくないかもと思っています( ̄▽ ̄;

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささ)
    ただのサラリーマンです( ̄▽ ̄)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

商標/著作権等