ささやかに駅メモ!

ひよっこマスターのお気楽プレイログ since 2018

駅メモ!の世界に足を踏み入れたところ、なんだか楽しいのでそのまま彷徨い始めました。ウロウロ。怖くないですよ?

時間とは何か(2)

「時間とは何か」(エッセイ)
目次
第一話 エントロピー増大則という例外


第二話 素粒子のその先

 素粒子とは物質を構成する最小単位のことで、現代物理学では十七種類あるとされています。

 物質の元になっている粒子をフェルミオン類、力を伝える粒子をボソン類といい、フェルミオン類はさらに六種類のクォーク類と六種類のレプトン類に分類され、ボソン類は五種類ありますので、素粒子は全部で十七種類になります。

 素粒子とはそれ以上分解できないものなので、宇宙の誕生時から姿を変えず、同じ数だけ存在し続けているものと最初は思ったのですが、そうではないんですよね。
 生まれたり消えたり、ふたつの素粒子から別の素粒子が生まれたりと、割と何でもありな感じです。
 とても物質の最小単位とは思えません。
 と言いますかこれは、「物質の最小単位は物質である」という私の勘違いからきていたようです。

 E=mc^2 という有名な式があります。

 これは物質、つまり質量のあるものは、エネルギーでできているとも受け取れる式です。
 エネルギーには質量がありません。
 つまり物質をどこまでも小さく分解していくと、やがて物質とエネルギーを区別できなくなります。

 それが量子であって、「粒子と波の両方の性質を持つ」と言われるものです。
 波とはエネルギーであって物質ではありません。
 そして、現在考えられている17種類の素粒子はすべて量子です。

 素粒子をさらに《《物質として》》分解することはできず、その先は完全に波、つまりエネルギーになってしまうということなのでしょう。

 言い換えれば、エネルギーこそがこの宇宙の根源ということになりそうです。


 ~第三話へ続く

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

駅メモ!公式/Wiki 等
駅メモ!便利ツール

最新の記事
駅メモ!個人サイト
ブログ内検索

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

月別アーカイブ

プロフィール

  • Author:笹谷周平
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

旧知リンク
カテゴリ
商標/著作権等