ささやかに駅メモ!

駅メモの旅先でたまに娘キャラ活動と出会うブログ
→遭遇リスト

駅メモ!の世界に足を踏み入れたところ、なんだか楽しいのでそのまま彷徨い始めました。ウロウロ。怖くないですよ?

あかべこがーるとJR磐越西線、JR只見線


▽山本八重とあかべこがーる
20011364.jpg

SDキャラは可愛いので正義です。


2019年10月4日(金)@福島県 郡山駅売店

---


今回は会社の休日を利用しまして。

▽ぽっかり穴が開いているこちら
20011316.jpg

JR磐越西線とJR只見線を埋めに行きました!



2019年10月2日(水)

▽JRみどりの窓口できっぷを購入
20011311.jpg

一泊二日の交通費と宿泊費を合わせた費用は23,635円でした。

なんかもう新幹線を使うことにあまり抵抗がなくなってきました。
お金がもったいないと思いつつ……慣れって怖いです( ̄▽ ̄;



2019年10月4日(金)9時22分

▽大宮駅から新幹線つばさに乗車
20011312.jpg

東京駅から乗らないところが、少しだけ節約しています。
時間があまり変わらないのと、在来線の方が駅にチェックインしやすいという理由で、大宮駅スタートが私の妥協点です。


51分で郡山駅に到着しまして。

▽駅の柱にプリントされていた「八重たん」
20011313.jpg

“福島県 新島八重 マスコットキャラクター「八重たん」”という書き方がちょっとわかりにくいのですが。
問合せ先は福島県観光交流局観光交流課で、福島県のマスコットキャラクターですね。
平成25年の大河ドラマ「八重の桜」の主人公「新島八重」をモチーフに、八重のふるさと「福島県」をPRするために誕生したとのことです。

そしてその近くの売店で見つけたのが。

▽「山本八重」と「あかべこがーる」
20011314.jpg

山本は新島八重の旧姓だそうです。

このふたり、「幕末会津藩BIGキーホルダー」全六種のうちの二種です。
他の四種のキャラは新選組の男キャラなので、写真を撮っていません( ̄▽ ̄;
ご興味のある方は、山鹿興産株式会社さんのサイトへどうぞ。

良い娘キャラに出会えて嬉しかったです( ̄▽ ̄〃


▽で、郡山駅から磐越西線へ
20011315.jpg

▽会津若松行きに乗車
20011317.jpg

▽外は雨ザーザーでございます
20011318.jpg

▽中山宿駅から赤新駅に!
20011319.jpg

▽猪苗代駅と翁島駅の間のあたり
20011320.jpg

▽翁島駅と磐梯町駅の間のあたり
20011321.jpg

▽日橋川
20011322.jpg

▽広田駅に到達したところで
20011323.jpg

▽JR磐越西線〔郡山~会津若松〕をコンプ( ̄▽ ̄)/
20011324.jpg

▽会津若松駅に到着しました
20011325.jpg

初回ノラととイベントのときに通ってはいるはずですが、下車するのはたぶん初めてです。

▽駅名標
20011326.jpg

▽会津米
20011327.jpg

▽会津地域のキャラクター
20011328.jpg

右下に「八重たん」がいます。

▽赤べこのハリボテ
20011329.jpg

このときはまさか、すぐに二回目のノラととイベントが開催されて、鶴ヶ城へ行くことになるとは、まるで思っていませんでしたよ( ̄▽ ̄;


ここで、ラッキーなことがありました。


▽駅舎内の一角で配布されたばかりのグッズ類
20011330.jpg

▽全種、いただいてきました( ̄▽ ̄)/
20011331.jpg

JRのSuicaペンギンと赤べこ缶バッジがいい感じです♪

▽会津鉄道の鉄道むすめもいました
20011332.jpg

▽卓上サイズのキャラパネルは「大川まあや」です
20011333.jpg

大川まあやのキャラパネルとは、初回ノラととイベントの芦ノ牧温泉駅で出会っています。

▽駅前の赤べこ
20011334.jpg

▽会津若松駅
20011335.jpg

▽会津若松駅
20011336.jpg

再び駅舎内へ戻りまして。

▽こちらの「一會庵」で
20011337.jpg

▽かけそばをいただきました
20011338.jpg

▽その正面のおみやげ処に
20011339.jpg

▽いました、等身大の大川まあや
20011340.jpg

今回もキャラパネルに出会えて嬉しいです( ̄▽ ̄〃


会津若松駅で77分を過ごした後は。

▽会津川口行に乗車
20011341.jpg

▽会津本郷駅から赤新駅です!
20011342.jpg

▽阿賀川を越えまして
20011343.jpg

▽滝谷駅
20011344.jpg

福島の滝谷駅は「たきや」と読むんですね。
大阪の滝谷駅は「たきだに」と読むそうです。

私が書いている某小説の主人公、滝谷は「たきたに」と読ませています。
というわけで、完全に個人的な思い入れだけで記事に残しました( ̄▽ ̄;


▽その近くを流れる滝谷川
20011345.jpg

もちろん読み方は「たきやがわ」です。
ウィキペディアさんによれば、滝谷川という名称の川は全国に十以上流れているようでして。
三重県、滋賀県、岡山県では「たきたにがわ」と読むそうです。

▽片側二人席、片側一人席の向かい合わせシート
20011346.jpg

最近すっかり慣れましたが、初めて見るまではこういう列車があるとは知りませんでした。
メディアに登場する列車って、たいてい両側二人席だと思うんですよ。

▽会津桧原駅の先の只見川
20011347.jpg

▽会津西方駅の先の只見川
20011348.jpg

▽東北電力(株)宮下ダム
20011349.jpg

▽その反対側(こちらがダム湖ですね)
20011350.jpg

▽会津中川駅に到達したところで
20011351.jpg

▽JR只見線をコンプしました( ̄▽ ̄)/
20011352.jpg

▽只見川に架かる上井草橋(うわいぐさばし)
20011353.jpg

▽終点の会津川口駅に到着
20011354.jpg

ここへは只見線をコンプするためだけに来たので、ここからまた会津若松駅へ引き返すのですが。

▽下車して、ぶらぶら
20011355.jpg

▽ホーム側から見た駅舎
20011356.jpg

▽駅舎内にアンパンマンのキャラパネル
20011357.jpg

は、いいとして。
問題は。

▽こちらの娘キャラです!
20011358.jpg

こんなところでも娘キャラとの出会いが!

で、調べてみたところ。
国土交通省の自賠責制度PR活動PRポスターのようです。
イラストレーターさんはわからず……。

背後のアンパンマンは、たぶんJAのこども共済PRです。

▽会津川口駅
20011359.jpg

で、引き返しまして。

▽再び越えた阿賀川
20011360.jpg

会津若松駅に戻ってきました。

▽會津吉祥絵菱紋
20011361.jpg

夕食は駅の近くのお店へ。

▽とんかつ かつ一
20011362.jpg

▽お腹いっぱいになりました
20011363.jpg


ホテルに泊まって、翌日は磐越西線の残りです!
つづく!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

駅メモ関連リンク
最新の記事
最近のコメント
駅メモ!便利ツール
駅メモ!個人サイト
ブログ内検索

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

月別アーカイブ

プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささやか)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

カテゴリ
旧知リンク
商標/著作権等