ささやかに駅メモ!

駅メモの旅先でたまに娘キャラ活動と出会うブログ
→遭遇リスト

駅メモ!の世界に足を踏み入れたところ、なんだか楽しいのでそのまま彷徨い始めました。ウロウロ。怖くないですよ?

ノラととコラボイベ2 (5)鶴ヶ城


▽鶴ヶ城です
20030133.jpg

駅メモイベントとしてはバスで通過するだけという手もあるようですが。
城を観光するという機会がずいぶん無かったので、この機会に行ってきました。
大型建造物を眺めるのは楽しいですね!

2019年11月23日撮影@福島県 鶴ヶ城

---

ノラととコラボイベ2
(1)スケジュール
(2)東武日光駅
(3)ノラとと列車と湯野上温泉駅
(4)猿游号と大内宿

のつづきです!


2019年11月23日(土)8時17分

▽朝の会津若松駅にやってきました
20030101.jpg

駅前のバス乗り場で、まちなか周遊バス「ハイカラさん」に乗車。

▽会津若松の街中観光ができます
20030102.jpg

▽野口英世青春館
20030103.jpg

野口英世が手の手術を受けた会陽医院跡ということで、一階っが喫茶店、二階が資料館になっているそうです。

▽バスの車中から鶴ヶ城のイベ報酬を獲得( ̄▽ ̄)/
20030104.jpg

6か所目の報酬はブースター×3でした。

▽鶴ヶ城入口バス停留所で下車しまして
20030105.jpg

歩いていくと。

▽お堀が見えてきました
20030106.jpg

水面にいるのは、カルガモでしょうか。

▽お堀の向こうの紅葉が鮮やかです
20030107.jpg

たくさんの外国人が訪れていましたが、彼らはやたらあちこちの葉が色づいた木々の前で写真を撮りまくっていまして。
史跡よりも鮮やかな色に心をひかれているように見えました。
四季があたりまえの日本人の方がモミジやイチョウに見慣れているからなのか、感性の違いなのか。

▽「史跡 若松城跡」とあります
20030108.jpg

Wikiさんによれば、「鶴ヶ城」の名称は地元でよく使われているみたいですね。
昨日見た城姫の名称が鶴ヶ城ではなく会津若松城になっている理由がわかりました。

▽桝形の説明
20030109.jpg

▽桝形の石垣は綺麗ですね
20030110.jpg

▽遠藤敬止翁頌徳碑の説明
20030111.jpg

▽左が遠藤敬止翁頌徳碑です
20030112.jpg

▽モミジのじゅうたん
20030113.jpg

▽イチョウのじゅうたん
20030114.jpg

▽モミジの樹
20030115.jpg

▽イチョウの樹
20030116.jpg

まさに見ごろという感じで、鮮やかな色でした。

眺めながら進んでいくと。

▽案内図
20030117.jpg

▽鶴ヶ城(若松城)の説明
20030118.jpg

▽完全に逆光になっていますが、北北西から眺めた鶴ヶ城です
20030119.jpg

▽観光案内所がある建物
20030120.jpg

前夜のマルモ食堂にあった三城巡りスタンプラリーの説明によれば、こちらでスタンプ台紙配布・押印&記念品交換とありました。
記念品は三城のお城(ポイント)を1城巡るごとにプレゼントなのだとか。
オリジナルクリアファイル1枚が記念品で、台紙にある引換券で交換だそうです。

……と言っても、その説明に気づいたのが、昨日記事を書いているときなんですよ。
欲しかったなぁ、会津若松城のクリアファイル。
他の城姫はともかく、会津若松城は個人的にかわいいと思ったのでほしかった!

10/1からの先着1,000名で、残っていたかどうかは不明ですが( ̄▽ ̄;


▽どどーん(逆光)
20030121.jpg

▽武者走りの説明
20030122.jpg

▽武者走りの石垣
20030123.jpg

▽鶴ヶ城稲荷神社の入口
20030124.jpg

▽石段の両側にたくさんの狐
20030125.jpg

▽一番下は、左が子供で、右が宝珠ですね
20030126.jpg

▽階段を上った正面に社殿
20030127.jpg

社殿にも狐がいますね。

▽高台になっていて、来た方向のお堀を見おろせました
20030128.jpg

▽絵馬とかいろいろ
20030129.jpg

若いカポーが来ていました。

▽敷地内側を見おろすと、イチョウの樹が目立ちました
20030130.jpg

▽石碑の台が亀になっています
20030131.jpg

神社を後にして東へ進み。

▽北東から見上げた鶴ヶ城
20030132.jpg

▽適当に積まれたように見える石垣( ̄▽ ̄)
20030134.jpg

▽東から眺めた鶴ヶ城
20030135.jpg

▽こちらは
20030136.jpg

▽御三階跡だそうです
20030137.jpg

焼失したわけでも壊されたわけでもなく、別の場所へ移築されたみたいですね。

▽鶴ヶ城 東からの遠景
20030138.jpg

▽すっかり日焼けした本丸の図
20030139.jpg

▽東南東から眺める鶴ヶ城
20030140.jpg

▽塀の上が生い茂るこちらは
20030141.jpg

▽茶室麟閣
20030142.jpg

▽その前を過ぎて南へ進むと
20030143.jpg

▽荒城の月碑の説明
20030144.jpg

▽こちらの詩碑です
20030145.jpg

左に見える階段を上がっていきまして。

▽南東の高台から眺める鶴ヶ城
20030146.jpg

▽反対側のお堀も綺麗です
20030147.jpg

高台の南側には。

▽月見櫓
20030148.jpg

▽こんな感じ
20030149.jpg

▽北側は
20030150.jpg

▽茶壺櫓
20030151.jpg

▽赤い廊下橋が見えました
20030152.jpg

▽東の高台から眺める鶴ヶ城
20030153.jpg

手前に見えるのが茶室麟閣ですね。

高台から降りまして。

せっかくですので、荒城の月碑をまた撮影して。

▽画像を拡大
20030154.jpg

▽南南東から眺める鶴ヶ城
20030155.jpg

▽南から眺める鶴ヶ城
20030156.jpg

▽立派な門をくぐりました
20030157.jpg

▽表門(鉄門)だそうです
20030158.jpg

▽くぐった後に見た表門
20030159.jpg

こちらが外側ですよね。

▽南南西から見上げる鶴ヶ城
20030160.jpg

▽鶴ヶ城がある鶴ヶ城公園は、さくら名所100選の地だそうです
20030161.jpg

▽春になれば一面桜色になりそうですね!
20030162.jpg

最初に見た案内図の右下にキャラがいました。

お城ボくん
20030163.jpg

▽スタート地点に戻って来まして
20030164.jpg

▽鶴ヶ城を後にします
20030165.jpg

▽モミジとイチョウの天井とじゅうたん
20030166.jpg

その向こうに見えるのは。

▽日清・日露両戦役戦病死忠魂碑だそうです
20030167.jpg

▽バス停までの帰り道にあったレンガ造りの建物「會津葵シルクロード文明館」
20030168.jpg

海と陸のシルクロードから集めた美の遺産を展示する美術館なのだそうです。

▽帰りのバス「あかべぇ」がやって来ました
20030169.jpg

▽街中を進みまして
20030170.jpg

▽七日町駅で途中下車
20030171.jpg

大正浪漫な感じの駅舎ですね。

会津ぐるっとカードを持っているので、必要ないと思うのですが。

▽念のため、乗車駅証明書を発券しておきました
20030172.jpg

▽駅舎内の売店には大川まあやグッズも
20030173.jpg

▽駅名標です
20030174.jpg

▽なかなかビビッドなラッピングの列車がやってきましたΣ( ̄▽ ̄;
20030175.jpg

こちらの列車で、芦ノ牧温泉駅へ向かいます!


つづく!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

駅メモ関連リンク
最新記事
最近のコメント
駅メモ!便利ツール
駅メモ!個人サイト
ブログ内検索

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

月別アーカイブ

プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささやか)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

カテゴリ
旧知リンク
商標/著作権等