ささやかに駅メモ!

駅メモの旅先でたまに娘キャラ活動と出会うブログ
→遭遇リスト

駅メモ!の世界に足を踏み入れたところ、なんだか楽しいのでそのまま彷徨い始めました。ウロウロ。怖くないですよ?

【旧版】竜連れ1-2

 
「竜を連れた魔法使い」 目次

第一話 沈まない太陽 (1)



第一話 沈まない太陽 (2)


顔にぶつかったもの。
鳥か巨大な昆虫か……と思ったが、柔らかい。
ぱふっと当たった感触をたとえるなら、綿を詰めた布製の人形だろうか。

動いている。

額(ひたい)にヒヤリと冷たい感触を感じて、カイリは思わず「わぁ!」と声をあげた。
同時に、「彼女」が離れた。
周囲を見渡すが、他に誰もいない……先ほどの意味不明言語の主は彼女だろう。

前方ニメートルの空中に、彼女が浮いている。
身長は三十センチくらいだろうか……まさに人形だ。
チェックのシャツにデニムの胸当て付き(サロペット)スカートを身に付けている。
ストレートに伸びたつややかな黒髪は、肩の下から緩やかなウェーブになって腰まで達している。
やや幼いが整った可愛い顔を少し傾け、カイリを見つめていた。
その黒い瞳は、期待と不安に満ちているようだ。

背中には……緑がかった透明の翅(はね)が生えている。

(ここは……おとぎ話の世界ですか……)

猛獣に襲われることは懸念していたが、こんな得体の知れない生き物に出会うとは想像しなかった。
異常だ。

人型をしている……服を着ている……しかも……。

翅は動いていないのだ。
それで空中に浮いている……。

自分の正気を疑いはじめたカイリに、彼女が再び声をかけた……寂しそうに。

「マスター……やはり記憶は受け継がれなかったのですね……それでも……」

ハッとするカイリ。
彼女の言葉を理解できている……?

「それでも……嬉しいです……」

可愛い顔が泣き顔になっていた。
ポロポロと涙をこぼし、手で顔をこすっている。

「ちょっ……」

ちょっと待ってくれ、わけがわからない……とカイリが言おうとした時。



ヒュッと高速の何かが風を切り裂き……。

ターン……!!と、こ気味良い乾いた音が背後で大きく響いた。

振り返ると、太い樹の幹に1本の矢が突き刺さっている。

「なっ……!」

声をあげたのは、彼女だった。

「無礼な……まさか、エステル……協定を破るつもりなの……?」

「ぼけっとしてんなっ!!」

カイリはイライラするように彼女に手を伸ばして掴み。
その小さな身体を地面に叩き付けないように注意して、自らも伏せた。

同時に二本目の矢が、大きな音を森にこだまさせた。


どうして彼女を助けようと思ったのか、カイリは自分で自分が不思議だった。
この世界の貴重な情報源だからか。
小さくても顔が好みだからなのか。
……何かの縁なのか。
いずれにしても、とっさの行動だった。

気がつくと小さな少女は、伏せているカイリの顔の前で地面に立っていた。
目をつぶって、ぶつぶつと何かをつぶやている……そして、叫んだ。

「離位置(テレポート)……!」

カイリは地面が白く光るのを見た。
そして小さな少女と共に、白い輝きに包まれ……静かに消えた。



***



カイリが消えた場所に、大きな弓を背負った軽装の男が姿を見せた。
背は高いが、弓を扱えるとは思えないほどの華奢(きゃしゃ)な身体で、耳が尖っている。

「あれが……カイ・リューベンスフィアを継ぐ者ですか……。黒髪の男……その顔、しっかり覚えましたよ」

細面(ほそおもて)に浮かんだまつ毛の長い金色の瞳がキラリと光る。

「すでに妖精(フェアリ)と出会ってしまったのは残念ですが……」

男はくすりと笑った。

「まだ防御魔法さえ扱えないようですね……エステル様に報告しなければ」

男は金髪をかき上げると、離位置(テレポート)の呪文を唱えた。
地面が白く光り、男が消える。

森に鳥や獣の鳴き声が戻った……。



(3)へ続く

コメント

むむむ(・・?)相手の男は狩人かなぁ(´ω`)(笑
まだ始まったばかりだからなんとも言えないなぁ( ̄□ ̄;)!!

離位置(リーチ)!
一発ドラ3!

麻雀戦記だったのか!
俺の読みが外れたっ!(ぉぃ

世界背景が語られるのは、これからか。
(入院中の楽しみUP!)

FFのとはまた違った感じなのがいいですなぅ(*´д`*)
次もすごい楽しみw

◆ヒデタルさん
のんびり展開したいと思いますw

◆アネさん
Σ( ̄▽ ̄;
なぜ、ばれたんだろう……困るww
入院生活、がんばってください!
(するどいな……アネさん……)

◆たるな
楽しい展開になるかなぁ……どうかなぁ……と思いつつ、続きは書いていくと思うw
ありがとね!

『聖戦士ダンバイン』フェラリオを思い出しました!

エルフの弓使い・・・
「ロード・オブ・ザ・リング」の、レゴラスが浮かびました(*^-^*)

カイューベンスフィアのカイリなのですね?
まだまだ情報が少ないので、物語とともに世界が広がるのが楽しみです。

現実から幻想へ解離。
ちゃうかwww

よくあるファンタジーの冒頭っぽいけど
さて、これからどうなるのか?

めっちゃ楽しみですwww

◆Leppardさん
ダンバインは夕方にやっていたせいか、まともに見たことがないんですよね。
主題歌の勢いだけは頭に残っているのですがw

◆Aryuさん
ロード・オブ・ザ・リングも全く見ていなかったり。
ああなんて勉強不足な私( ̄▽ ̄;
とりあえずFFXI小説と違って、背景世界を説明するのにかなり時間がかかりそうです……予想はしてましたが。

◆ひーさん
意味がわかりませんw
このへんは、昔初めて漫画でファンタジーを描こうと思った頃の内容が大部分なので、ありがちな感じなのは否定できません( ̄▽ ̄;
本筋になる竜を早く出したいんですけどねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

駅メモ関連リンク
最新の記事
最近のコメント
駅メモ!便利ツール
駅メモ!個人サイト
ブログ内検索

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

月別アーカイブ

プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささやか)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

カテゴリ
旧知リンク
商標/著作権等