ささやかに駅メモ!

駅メモの旅先でたまに娘キャラ活動と出会うブログ
→遭遇リスト

駅メモ!の世界に足を踏み入れたところ、なんだか楽しいのでそのまま彷徨い始めました。ウロウロ。怖くないですよ?

【旧版】竜連れ2-1

 
「竜を連れた魔法使い」 目次

第一話 沈まない太陽 (1) (2) (3)




第二話 手に入れた力 (1)


カイ・リューベンスフィアの屋敷は静かだった。

窓にかかったブラインドの隙間から広い寝室の中を覗いたフェアリ族のマティ。
身体が小さいので、狭い隙間からでも中が良く見える。
彼女はカイリがベッドで寝ているのを確認すると、ふわふわと飛んで屋敷の裏口にまわった。

裏口の外には、大きなバスケットが置いてあった。
白い布がかけてあって、中身は見えない。
バスケットの取っ手に手を触れると、小さな声で呪文を唱えた。

「品浮(レビテート)……!」

自分の体重の数倍はあるであろう重さのバスケットを手にして、彼女は軽々と浮き上がった。
そして正面玄関から入った時と同じように、手を触れずにドアを開け……。

キッチンに入ると、バスケットの中身を大きな冷蔵庫の中に移しはじめた。



「……唯一解けなかった謎が、今解けたよ」

突然背後から声をかけられて、身体全体でびくりと反応するマティ。
ゆっくり振り返ると、キッチンの入口の柱にもたれ掛かるように、カイリが立っていた。
Tシャツとトランクスだけの下着姿だ。

「お……おはようございます、マスター……」

マティは、バツが悪そうに微笑んだ。

三日ぶりだね……とカイリが言った。

以前、マティはカイリを見つけるのに「三日もかかってしまった」と言った。
陽の沈まない世界で、彼女は日数の感覚を持っている。
それは、カイリの腕時計が刻む日数と同じだった。

「君がとてつもなく意地っ張りな性格だとよくわかったよ……でも、ありがとう」

カイリはマティのそばに来ると、冷蔵庫に入れられたばかりの干し肉をかじり、ミルクを口に運んだ。

「それから……デリカシーのない言い方をして悪かった……ごめん」

「い……いえ」

マティは伏し目がちの顔を真っ赤にして口ごもった。


マティがカイリをこの屋敷に案内し、怒って出ていってから三日がたっている。
その間、マティは一度も顔を見せていない。
ただ冷蔵庫の中だけが、毎日新鮮な食料で満たされていた。

最初はこれも魔法かとカイリは思ったが、やがてそんな筈(はず)はないとわかった。
なぜなら……今のカイリは、この世界に存在する全ての魔法を知っているからだ。

「マスターがずっと書斎の本を読みふけっていらしたから……邪魔をしないようにと……」

マティはこの期に及んでまだ言い訳をする自分を止められなかった。
怒って出ていった手前、顔を合わせづらかったのは、やはり意地っ張りということなのだろう。

「……おかげで、この屋敷の本は一冊残らず目を通せたよ」

「……え!?」

驚きの目を向けるマティと、微笑むカイリ。

「一冊残らず……って、本のリストでも作っていたのですか?」

「違うよ……全ての本の全てのページを頭に入れた……量が多くて三日もかかったけどね」

君に秘密にしても仕方がないから……とカイリは言った。

「目を通した書物の内容を一字一句正確に記憶できる……それが生まれついての俺の能力」

こういう能力を持つ人間は海外に数人いた。
ただ、なんらかの統合失調症を併せ持っているのが一般的だ。
何の精神疾患らしいものもなくこの能力を発揮するカイリは、子供の頃にマスコミや学者の注目を浴びたのだった。
中学に上がる前に、この能力を失ったフリを始めるまでは……。

「うそ……だって……私、あきらめかけ……て……のに……」

フェアリの少女は、出会った時のように突然泣き出した。
よく泣くコだなぁとカイリは思ったが、今度は何も言わなかった。

かつて存在したニ十人のカイ・リューベンスフィアのうち、何人かは日記を残していた。
この少女が二千年間背負ってきた宿命を、今のカイリは知っている……。

「百年に一度召喚されたカイ・リューベンスフィアの中に、日本人が一人もいなかったのは不幸だったね……ここの書物は、ほとんどが日本語だから……」

いくつかの本の行間には様々な言語が書き込まれ、過去のカイ・リューベンスフィアが必死で解読しようとした跡が見られた。
英語、ロシア語、中国語、アラビア語……様々な言語に翻訳されたらしい手書きのノートが何冊もあった。

だがどれも途中で終わっていた。
かつてのカイ・リューベンスフィアが、その寿命を終えるまでに全ての翻訳を終えるには、量が多すぎたのだ……。

日本人はカイリが初めてのようだった……しかも、都合の良い特殊能力を持っている……。

かつてマティは、「あと三年で、この世界は滅びます」と言った。
彼女が初めてカイ・リューベンスフィアを召喚した時から、二千年後にこの世界が滅びることはわかっていた。
この世界を救う最後のチャンスがカイリだったのだ。

この世界を救う鍵は、この屋敷の書物の中にあると考えられており……それゆえに、過去のカイ・リューベンスフィア達は必死で日本語の翻訳に没頭したのだった。
ここに置いてあった辞書と言えば、英和辞典くらいだ。
その苦労がうかがい知れた……。

世界が滅びるタイムリミットまであと三年――。
最後のカイ・リューベンスフィアであるカイリに残された時間は三年しかないのだから、マティが「あきらめかけていた」というのも無理はない……。

「過去の日記からは……英語で書かれたものくらいしか理解できなかったけど……皆が君に感謝している気持ちが伝わってきた」

カイリは余裕を持って、マティに優しく声をかけた。

「もう一度言うけど……俺は、全ての本を読んだ。この世界の仕組みも……魔法の秘密も……全て理解したつもりだ」

マティが泣きはらした顔を上げた。
カイリが見つめている。


「……あとは任せてくれ」


この世界で、知識は力だった。
カイリが微笑んだ時……マティがカイリの胸に飛び込んできた。


「お願いします、マスター! この世界を……この世界に生きる私たちを救ってください……!!」


カイリは手のひらで遠慮がちにマティの黒髪をなでた。
彼女の震えが伝わってくる。

「本を読んでもわからないこともある……今の種族間の情勢とか……食料の調達法とかね」

これからも……俺を助けてほしい……そう囁(ささや)いた。



***



マティが落ち着きを取り戻す頃……。

カイリの背後で、そっと蠢(うごめ)くものがあった。
床板の隙間から侵入してきたそれは……樹の根のように見えた……。



(2)へ続く

コメント

カイリってホントの名前じゃあないの??w
中々楽しいぞ(`・ω・´)
本とかだったら読みやすいのに(笑)

なんてうらやましい能力っ!暗記系の科目は完璧ですね~
そしてカイリにはもう一つの能力があったのです。
それは「速読」w
3日でわたしが読める本の量を考えてみたけども、
その屋敷にある書物の量は、きっとそんなちょっとじゃないはず・・・
次回から暗記マスターの活躍が始まりそうで、ワクワク^^

大量の本、それも大半が日本語で書かれた本をいったい誰が持ってきたんでしょうね?
世界を救うカギが、その本にあるというので、謎は深まるばかり・・・

◆たるな
カイリのフルネームは1-3で出したけど、読み飛ばしやすかっただろうか……( ̄▽ ̄;
ナカナカ楽しかったのなら良かったw
本とかだったら……って、無茶言うな~。
たるなが金持ちになって出版してくださいww

◆Aryuさん
そうですね、速読もすごい気がしますw
本の量については書いておいた方が良かったですね!
次回からの活躍はおいおい……。

◆Leppardさん
本の謎は……どのタイミングではっきり書くか決めていませんが、近いうちに~( ̄▽ ̄;

すぐ忘れる私の頭…(;´д`)
ごめんね、名前今思い出した(ノ∀`)
お金持ちには…なれませんww
次も楽しみにしてるね(*´∀`*)



そしておやすみ(´_ゝ`)フッ

◆たるな
世の中何が起こるかわからないから、とりあえず金持ちになったらでいいよw
どもありがとう♪
最後のフッて何だよΣ( ̄▽ ̄;

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

駅メモ関連リンク
最新の記事
最近のコメント
駅メモ!便利ツール
駅メモ!個人サイト
ブログ内検索

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

月別アーカイブ

プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささやか)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

カテゴリ
旧知リンク
商標/著作権等