珈琲は一日二杯まで

笹谷の気が向いたときに気が向いたことを書く場所です

ゲームのことを書いたり、絵を描いたり、漫画を描いたり、小説を書いたり、適当に何でもありな趣味のブログです。

【旧版】竜連れ3-3

 
「竜を連れた魔法使い」 目次

第一話 沈まない太陽 (1) (2) (3)
第二話 手に入れた力 (1) (2) (3)
第三話 竜たちの覚醒 (1) (2)




第三話 竜たちの覚醒 (3)


巨大な縦穴の底は、地上とはまるで別世界であった。

染み出す地下水が、それを汲み上げる圧送器ごと凍結している。
地肌が見えないくらい、視界を氷が埋め尽くしていた。

吐く息が白い……。
地の果てにあると言われる氷雪地帯とは、こんな感じだろうか。

凍りついた手摺りに直接触れないように注意しながら、レイウルフは穴底に降り立った。

見上げれば、白く淡い光に包まれた上空。
そこからキラキラと光る微細な氷の粒が、たくさん舞い降りている。

少し青みがかった白色の世界は、とてつもなく美しかった。

……そして、恐ろしかった。

荘厳で神秘的な空間の中で、レイウルフはあまりに無力であった。
レベル1の魔法しか使えない彼にとって、衣蔽甲(シールド)の魔法と防寒具だけが自分を守る全てだ。
寒さに震えていた手足は、今やほとんど感覚がなくなっている。

彼の目の前に半分氷に埋まった金属製の大きな箱があった。
高さは十メートル程度。

五日前には一部しか見えていなかった箱が、採掘が進んだ今、その全貌を晒している。

膨らむように歪んだ外壁に大きな亀裂がいくつも入っていた。
その中の最も大きな亀裂は、ヒトが一人余裕で入れそうなほどだ。

「品浮(レビテート)……!」

レイウルフは自分の身体を浮かせて、大きく口を開けた亀裂に右手を掛けた。

「…………!」

思わず表情が歪む……うっかりしていた。
手袋の外側に付着していた雪のように小さな氷の粒が、亀裂に触れた途端、大きな氷に成長したのだ。
慌てて手を引き抜くと、手袋だけが壁に貼りついて奇妙なオブジェになった。

そして……右手の手首から先が壊死(えし)していた。
衝撃を与えれば、もげ落ちそうだ……。

「く……」

弓使いの彼にとって、片手を失うことは戦力外通告と同じであった。
死滅した細胞は、レベル2の魔法・産蝕導潤(キュア)でも元には戻らない……。

(なんてことだ……俺はまだ、エステル様のお役に立たなければいけないと言うのに……)

エステルの言葉が脳裏をよぎる。

『無茶はするなよ……クールに見えてその実……』


一人で先走りすぎただろうか……。

気落ちしたレイウルフがその視線を上げた時。

……彼の金色の目が大きく見開かれた。

全身に電気が走ったかのような衝撃は、右手のことを忘れさせる程だった。



***



「これでよろしいですか?」

離位置(テレポート)の魔法で戻ってきたマティが手にしていたのは、大きなバスケットと白い布だった。
今朝、食料を運んできたのと同じものだ。
バスケットの中には折りたたまれたタオルが敷かれている。

「うん、こいつももう、十分冷えたよ」

カイリがスザクを持ち上げて、バスケットに入れた。
全長十五センチ程度のスザクは、居心地を確認するように、お尻をフリフリしている。

「見かけの割に大人しい奴で助かるよ」

カイリはスザクの上から、白い布をかけた。

「ピイ」という、くぐもった声が聞こえた。


マティがバスケットを見下ろしながら尋ねた。

「エサは何をあげたら、いいんでしょう?」

「……いらないよ」

あっさりと答えるカイリに対し、マティは心配そうだ。

「でも、カイリは『世話をし、教育しなければならない』って言いました。エサでしつけるものじゃないのでしょうか?」

「うん……まずわかっていることは、こいつは生き物じゃないってこと」

「…………」

マティが目をぱちくりさせている。
カイリが微笑んだ。

「スザクは、ドライアードと同じ……精霊(スピリット)系の存在なんだ」

「スピリット系……」

ドライアードは、まだカイリの肩で寝ている。

「それじゃあ、エサも必要ないかもしれませんが、教育の必要も……」

マティの考えは自然なものだ。
スピリット系は、ヒトに使役されるために存在している。
教育などしなくても言葉を理解し、従順だ。
少なくとも、この世界ではそう理解されている。

「ドライアードにも教育は必要だったんだよ。大昔にそれをしたヒトがいたはずだ」

マティは納得できなかった。
彼女が二千年間当たり前だと思っていたことを、カイリはあっさりと覆(くつがえ)す。
大昔というのは、どれくらい昔のことを言っているのだろうか……。

「でも……ドライアードは生まれたばかりでも、初めから従順で……」

「スピリット系はね……死なないんだ。死んだように見えても、生まれたように見えても、それはそう見えるだけ」

「…………?」

首をかしげるマティ。
説明するのが難しいなとカイリは思った。


スピリット系とは、一種の“プログラム”なのだ。
プログラムに従ってその身体を形成し、学習し、命令を理解して実行する。
少女としてのドライアードの姿は、インターフェースにすぎない。
姿が消えても、学習したプログラムは存在し続けている……。

「言葉を教える必要はないけど、情報は必要だ……スザクはまだ何も知らない」

「“しつけ”じゃなくて“教育”と言うのは、そういうことなんですね。ただ言葉で教えればいいんだ……」

マティはなんとなく理解したらしい。

「じゃあマティ、離位置(テレポート)を頼むよ……エルフの族長さんのところへ」

「はい」

マティの呪文で、地面が白く光った……。



***



レイウルフの視線の先に大きな氷の塊があった。

その中に、十五、六歳のヒューマン族に見える全裸の少女がいた。
立ち姿はスリムで、白い肌に長いストレートの黒髪が印象的だ。

少女の漆黒の瞳が、レイウルフを見つめていた。


死んだように冷めた視線だった。

二十歳を越えるレイウルフの背中に冷たいものが走った。

……恐怖だ。

相手は少女に過ぎないのに、まるでヘビに睨まれたカエルだった。
理屈ではない……圧倒的な力の差を、本能が感じている。

彼女がその気になれば、自分は一瞬で死ぬ……そう直感した。


動けないでいるレイウルフの前で、少女が口を動かしたように見えた。

次の瞬間。


少女を包んでいた氷の塊が、砕け散った……!

死の恐怖の中にいたレイウルフには、それがスローモーションに見えた。
粉々になった氷の断片が、キラキラと光りながら放射状に飛んでいく……。

指を開いて両腕を伸ばした少女が、自分に迫ってくる……。
少女の黒髪が流れるように背後になびく……。

トン……と音がした気がした。

気がつくと、少女がレイウルフの胸に抱きついていた。


「初めまして、お父さん……私が、ゲンブです」


嬉しそうに頬を染めている少女の身体は、温かかった……。



~第三話完、第四話へ続く

コメント

SEIRYUもGENBUも女性の姿をしてるということは
SUZAKUも・・・
と、これは@のお楽しみとして待ってますw

>スピリット系とは、一種の“プログラム”なのだ。
と、いうのは変わっていて面白い設定だと思いました。
そのプログラムを作ったのは誰なんでしょうね???

◆Leppardさん
この世界の説明を早く出したいと思いつつ未だに出せないせいで、スピリット系の説明が中途半端になっちゃってますね( ̄▽ ̄;
できれば第四話ですっきりしたいのですが。
女性の姿の件はたぶん皆さんのご想像通りだと思うのですが、それもそのうち……。

玄武でしたかー。
氷は白虎だと思ったのに、またはずれたw

◆Aryuさん
名前の件はあまり気にしないでくださいw
属性という見方をすると、ゲンブは厳密には「氷」ではないんですよ。
これもそのうち詳しく書きますね。

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささ)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

最近のトラックバック
商標/著作権等