ささやかに駅メモ!

駅メモの旅先でたまに娘キャラ活動と出会うブログ
→遭遇リスト

駅メモ!の世界に足を踏み入れたところ、なんだか楽しいのでそのまま彷徨い始めました。ウロウロ。怖くないですよ?

竜連れ3-1

 
「竜を連れた魔法使い」
目次
 第一話 沈まない太陽 (1) (2)
 第二話 手に入れた力 (1) (2) (3)


 第三話 竜たちの覚醒 (1)

 青く見える空に、強く輝く白い光点が浮かんでいる。
「ピージが、もうあんなに高く……」
 マティの呟《つぶや》きにカイリが目を細めた。
「フェアリ族は、アレをピージと呼んでるの?」
 見上げた空の光点は、じっと動かないように見える。だが〝ピージ〟と呼ばれた光点は、実際にはゆっくりと空を横断している。一度沈んでから、二十四時間後には元の位置に戻ってくる。カイリの生まれた時代でいうところの、太陽や月のようなものだった。今のカイリが立っている五千万年後の地球では、太陽は動かず、月は存在しないのだが……。
「いえ、フェアリ族とエルフ族はアレを〝精霊騎士《エレメンタルナイト》〟と呼んでいます。〝ピージ〟という名前は、マスターが教えてくれました」
 マティがマスターと呼んだのは、過去に出会ったカイ・リューベンスフィアの誰かだ。自分のことではないので、カイリもその呼び方にまで干渉する気はない。
「そっか……」
 太陽が沈まないこの世界で。ピージが地平線から顔を出し、空を横断して太陽がある西の空に沈み、再び東の地平線から顔を出すまでの時間。この世界の住人は、それを「一日」と呼んでいる。そしてマティがピージと呼んだ光点は、正確には〝P.G.〟……カイリが読んだ本によれば、〝プラネット・ガーディアン〟の略だ。衛星軌道に浮かぶ過去の遺産である。
 カイリとマティは、雑木林の木陰で休憩をとっていた。ドライアードは、どこかへ姿を消している。目の前には屋敷の焼け跡があり、そこから掘り出した大きな箱が、陽の光を浴びて光っていた。
 カイリは〝自分から出てきてもらおう〟と言った。それは本に書いてあった方法ではない。試して何が起こるのか……カイリ自身もわからないので、心の準備をする時間がほしかったのである。
 休憩している間に、マティが汎数《レベル》2の魔法〈産触導潤《キュア》〉で擦り傷を治してくれた。屋敷から飛び出した時に負った軽い傷である……魔法とは、便利なものだ。

 いきなり地面がぽこりと盛り上がって、木の芽が顔を出した。その陰からドライアードが姿を見せて、カイリに話しかけた。
「コレデショウカ……」
 地面から木の枝が伸びてきて、そこに白いローブやズボンがかかっていた。
「うん、見つけてくれてありがとう。さすがカイ・リューベンスフィアが身につけていた服だな……あの炎に耐えたか」
 カイリは汚れた自分の衣服を脱いで、受け取った服を身につけ、最後に手袋をはめた。ふと気づくと、マティの瞳がうるうるとしている。彼女が過去のカイ・リューベンスフィアとの思い出に浸っていることは間違いない。
「思い出させて悪いけど……この服は俺が使わせてもらうよ」
「もちろんです!」
 即答するマティ。カイリが立ちあがった。
「さて……」
 箱に向かって歩みを進める。
「出てきてもらいますか」

   *

 直径三十メートルはあろう巨大な縦穴の壁に足場が組まれ、地下に向かって伸びている狭い通路。そこを、地下からたくさんの作業員が駆け上って来る。木で組まれているので、人が通ると軋《きし》んで揺れた。
 地上では重装備の騎士隊六名が集められていた。
「エステル様ご到着まで待機!」
「何があったんだ、ラウエル!?」
「レイウルフ様!」
 ラウエルと呼ばれたあごひげの隊長が、レイウルフに近寄り耳打ちした。
「例の〝箱〟に、突然亀裂が入ったらしいのです。そこから白いガスが噴き出したために、作業員がパニックになり……」
 それを聞いたレイウルフの顔色が変わった。
「死者が出たのか?」
「いえ、全員無事です」
 ラウエルの言葉にホッとする金髪・金目の男。
「そうか……学者連中も呼んだ方がいいな」
 ラウエルはハッとなり、「急いで先生方をお呼びしろ」と部下に指示を出した。
「レイウルフ様、危険です!」
「大丈夫だ」
 縦穴の縁に歩み寄ったレイウルフが、通路の入口から下を覗きこんでいた。穴の底には濃霧のような白いガスがたゆたっており、何も見えない。以前来た時には、こんなガスはなかったはずだ。
「ふむ……」
 アゴに手をあてると、何かを感じたレイウルフが近くにいたラウエルの部下に指示を出した。
「防寒具を持ってきてくれ」
「何を……」
 いぶかしがるラウエルにレイウルフが微笑んだ。
「エステル様がいらっしゃる前に、もう少し情報を得ておく……下は寒そうだ」
「そのような危険な任務は、我々が……!」
 レイウルフは「いいんだ」と言った。
「君たちはエステル様をお守りしながら、後から来てくれ」
 部下から厚手のフード付きローブを受け取ると、彼は躊躇《ちゅうちょ》せず足場の悪い通路を駆け下りて行った……。

   *

「マス……カイリ……、出てきてもらうって、どうやって?」
 マティがふわふわとカイリの横を飛びながら話しかけてきた。カイリは表情を変えずに答えた。
「本当は箱の中に入って、ハードスイッチを操作して箱を起動させてから、卵を孵化させるのが手順なんだ……」
「???」
 マティは理解できないようだ。
「箱を起動させないままで、卵を孵化させる役名《コマンド》を唱えてみようと思ってね」
「…………」
 不安げな顔のマティを見て、くすりと笑うカイリ。
「俺もどうなるかわからないよ。……でも、〝絶対に〟必要なんだ」
 マティがカイリの表情を見た。いつの間にか真剣な顔になっている。少し恐い顔……〈燐射火囲包《ファイアボール》・度等《ブースト》3〉を放った時に見せた顔だ。
「出てきてもらわなければ、この世界を救えない」
 カイリが両腕を伸ばして、箱の壁に両方の手のひらをぴたりと当てた。
「マティは下がってて」
「いえ、そばに居ます」
 マティがカイリの右肩にくっつくように寄り添った。カイリはそれ以上何も言わなかった。そして始まる呪文の詠唱……。この時、マティは初めて事の重大さを感じ取った。カイリが口にした呪文の汎数《レベル》が、ふざけているのではないかと思えるくらい高い数字だったからだ。

 高目移行《ランクアップ》・汎数《レベル》13……
 通模《インプット》・要俳《キーワード》……
 〝招くエネルギー〟……〝願う心〟……〝自己をもって〟……〝世界を開く〟……
 転配《コンパイル》……
 役名《コマンド》……

「〈召雛子《バース》〉……!」
 その瞬間、地面が円を描いて光る。マティがカイリの肩にしがみついた。ピシッという乾いた短い音が聞こえた気がした。
 箱の壁に当てていた手のひらを、カイリが急に離した。
「……やばい」
 それだけ言うと、マティをつかんで箱に背を向けて走り出すカイリ。それから急に足を止めて振り返った。
「ドライアード、来い!」
 するりと地面から木の根が伸びたかと思うと、カイリの左肩にドライアードが姿を見せた。はるか前方で、箱の表面が赤色に変色しはじめている。その周囲の空気が蜃気楼のように揺れていた。
 ――内側からの熱のせいだ。急激な温度上昇を感じて、カイリは手のひらを離したのだ。カイリが〈離位置《テレポート》〉の呪文を唱えた。
(間に合うか……!?)
 呪文を完成させた時。オレンジ色にまで変色した箱が、どろりと崩れるのが見えた……。

 ~(2)へ続く

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◆秘密さん
ご指摘ありがとうございます。
そういう間違いは、自分で見返していても見落としてしまうので、大変助かります。
これからもお気づきのことがあれば、よろしくお願いします。
それから今のところ、ビス鯖以外にキャラを作成したことはありません~( ̄▽ ̄;

コメントの投稿


管理者にだけOK


管理者に連絡する(メールフォーム)
※コメントを投稿できない場合にご利用ください。管理者からの返信はできません。
トラックバックURL

HOME

駅メモ関連リンク
最新の記事
最近のコメント
駅メモ!便利ツール
駅メモ!個人サイト
ブログ内検索

カウンタ

  • 閲覧/訪問数 since 2005
    hits / visits

月別アーカイブ

プロフィール

  • Author:笹谷周平(ささやか)
  • 誤字、脱字、リンクミスにお気づきの場合は、コメント欄にてお知らせいただけると助かります。

カテゴリ
旧知リンク
商標/著作権等